神戸香風法律事務所について

裁判所で家事調停官をしていた経験のある弁護士と、その妻である女性弁護士が在籍している事務所です。
「皆幸福になれたらいい」というポリシーのもと、弁護士として法的知識を交えながら「どうすればご希望に沿えるか?」を考えていきます。全員が納得して円満に解決するための努力は惜しみません。ご相談者様のお気持ちを大切にいたしますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

対応分野

  • 遺言作成サポート
  • 遺産分割協議のサポート
  • 遺留分減殺請求
  • 遺産分割の調停/訴訟
  • 相続財産の調査
  • 相続人の調査
  • 相続放棄
  • 遺言執行者の就任
  • 不動産相続
  • 事業承継
  • 国際相続

費用

相談料:30分5,000円

私たちに依頼するメリット

  • 家事調停官の経験・視点を生かし、迅速で納得のいく解決が可能
  • 問題解決の過程でもご満足いただけるよう、誠心誠意ご対応
  • 司法書士、税理士、不動産会社と連携した利便性の高いワンストップサービス

神戸香風法律事務所からのご挨拶

皆様、はじめまして。
神戸香風法律事務所の吉原 清英(よしはら きよひで)より、当事務所の紹介をさせていただきます。

当事務所の名前は「こうべこうふうほうりつじむしょ」と読みます。
香は娘の名前から、風は「いい風を送りたい」という思いから、事務所の名前としました。

当事務所はJP神戸駅から徒歩2分、高速神戸駅から3分の好アクセスな場所にあります。そのため、電車でご来所される方が多いです。
地元神戸の方に加えて、姫路、大阪、尼崎、私の出身地である京都からも足を伸ばしてくださる方がいらっしゃいます。

私は、裁判所で家事調停官をしていた経験があります。このため、裁判官の思考を隅から隅まで存じております。

どのような訴えを行えばどのような結果になるのか、その理由はどこにあるのかを知っているため、ご依頼者様のご意向を受けながら早い解決に結びつけることができます。

「皆が幸福になるため」の弁護士活動

弁護士としては「皆幸福になれたらいい」というポリシーをもっております。裁判は生易しいものではありませんが、問題を解決するため日々業務に勤しんでおります。

結果も大切ですが、時には過程が大切となる場合もあります。
過程でもご満足いただけるように、誠心誠意お仕事をさせていただきます。
そのおかげかもしれませんが、「話しやすかった」「先生が良かったので他の人にも紹介したい」と言ってもらえることがあり、嬉しい限りです。

また、2019年9月30日からは、妻も弁護士として共に活動いたします。
女性の視点が必要なときもありますし、女性弁護士の方が安心して相談できる案件もあることでしょう。

お悩みの内容等により、夫婦で臨機応変に対応いたしますので、どうぞご安心ください。

迅速な行動がモットー

相続のお悩みは長引くと年単位で時間がかかることがあります。その間気が休まらないというのでは、あまりにも精神的な負担が大きくなってしまいます。

当事務所は少しでも早くご依頼者様のニーズに答え、安心していただけるように迅速な行動をモットーとしております。

相続問題への取り組み

当事務所は様々な法律案件を扱っておりますが、当事務所を訪れる方の実に3割程度が相続に悩んでいらっしゃいます。
そのため、相続問題には多くの実績がありますので、ぜひご相談ください。

調停官としての視点から相続を見る

調停官とは、非常勤裁判官のことで、調停を裁判官として取りまとめる人のことです。

先述の通り、当事務所の弁護士は家事調停官として裁判所の中にいたため、裁判官が何を考えてどのような判断を行うのかを実際に経験してきております。

世間で思われている以上に裁判官は悩み、考え抜いて結論を出しているとはいえ、やはりそこには「このケースの場合はこういった判断がされる」という傾向のようなものがあります。
私は、自身の経験からこうした傾向も熟知しているため、ご依頼者様からご相談をいただいたときや調停の前に、大体の結果が予想できてしまいます。

ご依頼者様にとってより良い結果となるように、これからもその視点を生かしてまいりたいと考えています。

コミュニケーションを大事にした対応

当事務所が非常に重視しているものの1つが、コミュニケーションです。

特に遺産分割でトラブルを抱えている方の場合、感情的になられているケースがほとんどです。
メールや電話もありますが、やはり人間は顔と顔を合わせたコミュニケーションが大切です。

当事務所にお越しいただいて、まずは感情的なまま、とにかく思いを吐き出してください。
とことんお付き合いさせていただいたうえで、弁護士として法的知識を交えながら「どうすればご希望に沿えるか?」を考えていきます。

ご相談者様のお気持ちを大切にいたしますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

円満に終わらせる努力

相続トラブルはできるだけ円満に終わらせたいと、当事務所では考えております。

もちろん、最終的にはご依頼者様のご意向次第ですが、全員が納得して円満に解決できればこれに越したことはありません。
当事務所はそのための努力を惜しみません。「トラブルを可能な限り円満に解決したい」とお思いの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

司法書士、税理士、不動産会社と連携

相続には弁護士だけでなく、登記を扱う司法書士や税務を扱う税理士の力が必要なケースが数多くあります。

特に不動産を相続する場合、不動産の登記には司法書士が、税金問題には税理士がそれぞれ必要です。
また、相続した不動産の扱いに困った場合は相談できる不動産会社があった方がいいでしょう。

当事務所は、上記それぞれの専門家と一緒に仕事をしております。
大変利便性の高いワンストップサービスをご提供できますので、安心してご相談ください。

こんなお悩みはないでしょうか?

遺産分割でもめてしまっている

相続案件で最も多いのが遺産分割に関するトラブルです。

繰り返しになりますが、私は調停官の経験から案件ごとに適切な落とし所を見抜くことができます。
その落とし所とご依頼者様のご希望を照らし合わせ、どうすれば最大かつ最良の結果を導き出せるかを考えていきます。

例えば、不動産の遺産分割で代償金の支払が必要になったものの、高額で払いきれない、というご依頼をいただいたことがあります。
このときは、調停を経て、残りの代償金を払わないことで決着しました。

裁判官の思考を理解しているからこそ、話し合いや説得がスムーズにでき、ご希望どおりの結果を出せた事案でした。

トラブルを事前に防げる遺言書を作りたい

こちらも相談にいらっしゃる方がかなり多いお悩みです。

ご依頼にまで発展するケースは少ないのですが、ご相談いただければ、しっかりとアドバイスいたします。
遺言書があれば多くのトラブルは事前に防ぐことが可能です。

しかし、遺言書の内容が不適切だと、相続で争いの種になってしまうことがあります。
例えば、長男など誰か一人だけに遺産を与える遺言で遺留分が問題になってしまったり、そもそも形式上の条件を満たさず、せっかく書いた遺言書が無効となってしまうこともあります。

こうしたことを防ぎ、法的に問題のない遺言書を作るために弁護士の判断を仰ぐのは、最良の選択と言えます。

遺留分減殺請求をしたい

先ほどの遺言の問題でも書いたとおり、遺留分についても多くの方がご相談にいらっしゃいます。

遺留分とは、一定の相続人に認められた最低限度の権利です。
たとえ遺言で相続から外されたり、極端に少ない額しかもらえなかったとしても、遺留分に相当する財産は相続できます。

このようなお悩みは、遺留分減殺請求(または遺留分侵害額請求)という手続によって解決可能です。
当事務所がしっかりと遺留分減殺請求を行い、遺留分を相続できるようにいたします。
もちろん、まずは交渉から始めますので、安心してご相談ください。

費用等について

相談料は30分5,000円です。事前にご連絡いただければ営業時間外でも対応いたします。

具体的な弁護士報酬については日弁連の旧基準に従っておりますので、他の事務所様より極端に高いということはありません。
ご要望には可能な限り対応いたしますし、経済的に困窮されている方は法テラスの利用も可能です。

最後に:相続問題でお悩みの方へ

相続トラブルは、もちろん当事者だけで解決できるのなら、それが望ましいと思います。

しかし、相続は感情的問題と経済的問題が複雑に絡み合うもので、現実問題としてうまく行かないことも多いでしょう。
そういった場合は、できるだけ早く弁護士に相談してください。相談が早ければ早いほど、解決も早いです。

話し合いがうまく行かなくなった、不穏な空気が漂ってきたといった段階で、ご相談いただくのがベストでしょう。
そこからご依頼いただくかは別としても、弁護士に相談することで法律的なアドバイスを得られたり、感情を吐き出して少し冷静になったりすることもあります。
もちろん、法的知識があれば相手方を説得できる可能性も高くなるはずです。

お一人で悩まず、ぜひ当事務所までご相談ください。

Cafeから見た「神戸香風法律事務所」

本記事は、神戸香風法律事務所の「吉原 清英(よしはら きよひで)」弁護士にご担当いただきました。

吉原先生は、直接コミュニケーションを取ることがお好きとのことで、それがご相談者様・ご依頼者様とお話されるときも活きている印象です。

吉原先生のとても親しみある話し方でCafe担当者との会話も弾み、楽しくお話を聞かせていただくことができました。
こうした親しみやすさとコミュニケーションがお好きな人柄があるからこそ、ご依頼者様から「他の人にも紹介したい」と評されるのでしょう。

相続問題でお悩みの方は、ぜひ、神戸香風法律事務所ご相談されてはいかがでしょうか。

神戸香風法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 吉原 清英 (よしはら きよひで) 兵庫県弁護士会 No.34095
住所 〒650-0015

兵庫県神戸市中央区多聞通2丁目4番4号 ブックローン神戸ビル西館6階A室

対応エリア 兵庫県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県
アクセス

JR神戸駅 徒歩2分
高速神戸駅 徒歩3分

電話での受付はこちら
050-5267-6896
[電話受付] 平日 9:30~17:30

【24時間受付】メール相談はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:30~17:30
定休日 なし
対応エリア 兵庫県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
相続問題に強い弁護士を探す