神奈川県で国際相続に対応している弁護士

全部で1件の弁護士事務所が見つかりました
  • アイゼン法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    遺言書作成から遺産分割協議まで、相続問題に幅広く対応しております。
    • セカンドオピニオン
    • 女性スタッフ在籍
    • 司法書士と連携
    • 土日祝日対応可
    • 営業時間外対応可
    • 出張対応可

    弁護士は2名在籍しておりますが、専任担当制を取っていますので、ご相談から解決まで専任の弁護士が責任を持って担当致します。

    • 不動産鑑定士、税理士など他士業者と連携
    • 事前対策から、相続発生後の遺産分割、紛争解決にも尽力
    • 最新の法制度と照らし合わせ、最適な選択肢をご提供
    〒110-0005
    東京都台東区上野5丁目19番4号 美鈴ビル7階

    JR線「御徒町」駅下車徒歩5分
    JR線「上野駅」下車徒歩8分
    東京メトロ「仲御徒町」駅下車徒歩5分
    東京メトロ「上野広小路」駅下車徒歩8分
    京成線「京成上野」駅下車徒歩8分
    東京メトロ「上野御徒町」駅下車徒歩8分

    東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
    [電話受付]平日 9:00~17:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6906
    [電話受付] 平日 9:00~17:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全1件中 1-1件

1.神奈川県の相続件数

神奈川県の相続件数は、全国的に見てどのくらいなのでしょうか?
神奈川県は、有名な横浜市をかかえる県ですが、横浜家庭裁判所管内での遺産分割調停事件の件数は、平成26年度において829件となっています。
これは、東京の1,738件、大阪の893件に次ぐ数字であり、非常に高いです。
つまり、神奈川県は相続トラブルが起こりやすい地域であることを示しています。

また、相続税の申告や納税の件数も多いです。平成26年度における東京国税局の統計データでは、神奈川県での相続税の申告件数が5,205件となっており、東京につぐ全国2位の数字です。

相続税の納付税額1,536億円と多く、1申告あたりの相続税額は2,951万円であり、これは全国3位の数字です。
相続税が課税される家庭の割合も7%と非常に高く、全国的には3位ですが、1位の東京都と比べても遜色ない数字です。
以上のように、神奈川県では相続の件数やトラブルになる件数、相続税の申告納税が必要になる件数ともに非常に高い地域なので、しっかりと相続税対策をしておく必要があります。

横浜

2.神奈川県の地価

地価が高い横浜市と川崎市

神奈川県は、全国でも地価が高い地域です。それは、県内に川崎市と横浜市という地価の高い地域を抱えているからです。
神奈川県というよりも「横浜」と言った方が全国的には有名であるほど、横浜は神奈川県の代表的な地域です。

実際の地価は横浜市よりも川崎市の方が高い

ただ、実際の地価で言うと、横浜市よりも川崎市の方が高いです。
県内で最も地価が高いのは、川崎市で、次が横浜市、さらに鎌倉市、藤沢市と続いて言います。

川崎市内では、地価の平均単価は1平方メートルあたり約33万円で、東京都葛飾区と同程度の水準です。
横浜市でも、地価の上昇傾向が続いており、坪単価は100万円を超えるようになってきています。

3.神奈川県の富裕層

神奈川県は全国的に見ても富裕層が多い

神奈川県は、全国的に見ても富裕層が多い地域です。

厚生労働省の統計結果によると、神奈川県の平均所得(平成27年)は、東京都に次ぐ544万円です。
神奈川県からは東京へのアクセスも良いので、東京に通勤して比較的高額な収入を得ている人が多いことなども影響している可能性がありますし、資産家が居住している地域なども多いからです。

神奈川県の中でも、富裕層が多いのは、鎌倉や藤沢などの湘南エリアです。
このエリアに居住する人の平均年収は県内でも最も高額になっており、成功を収めて多額の資産を形成した人なども多く居住しています。

また、横浜市や川崎市では、中心部よりも、沿線のベッドタウンの方が多く相続税が発生しており、富裕層が多いことがみてとれます。
さらに、皇族の別荘もある葉山町は、歴史的にも、明治時代の古くから実業家や政治家らの避暑地や静養地として利用されてきた地域であることもあって、多くの富裕層が居住しています。

神奈川県は東京に比べ資産を残しやすい

神奈川県は、東京に比べると住居費が安く抑えられるため、年収が高くても比較的資産形成がしやすく、相続の対象になる資産を残しやすいです。
このように、神奈川県に居住している場合、自分たちが将来相続トラブルに巻き込まれやすいという自覚をもって、将来の相続問題にそなえておく必要性が高いです。

4.神奈川県の相続に強い弁護士

相続問題に備えるためには弁護士に相談する

相続問題に備えるためには、弁護士に相談する方法が有効です。

弁護士は、遺言書作成についてのアドバイスをしてくれたり、遺言内容を実現するための遺言執行者に就任してくれたりして、将来の相続トラブルを避ける知恵を貸してくれます。
また、実際に遺産分割協議でもめてしまったりして相続トラブルが起こった場合でも、弁護士に依頼すると代理人になってくれてトラブルを解決してもらうことができます。
神奈川県では、相続問題に強い弁護士はどのくらいいるのでしょうか?

神奈川県は全国の中でも弁護士数の多い

神奈川県は、全国の中でも弁護士数の多い地域です。

具体的には、平成26年において横浜弁護士会には1,428人の弁護士が登録しています。

これは、全国の都道府県で6位です。
日本全国の弁護士数は35,000人なのでそれと比べると少ないと思われるかもしれませんが、日本の弁護士は、16,000人くらいが東京に集中していますので、それ以外の地域にはさほど多くの弁護士がいません。

そこで、1,428人もの弁護士がいる神奈川県は、弁護士が多い地域だと言えるのです。

ただ、神奈川県の中でも弁護士は横浜市に集中している傾向があります。

横浜市以外の地域

県内の富裕層は、横浜市以外の地域にも多いですが、これらの人が弁護士に依頼したい場合には、横浜市まで対象地域を広げて弁護士探しをした方が良いでしょう。

相続問題を依頼する場合は相続問題に強い弁護士を探す

相続問題を依頼する場合には、相続問題に強い弁護士を探す必要があります。

弁護士にも多くの取り扱い分野があるので、相続問題に強くない弁護士に依頼してしまうと、相手との交渉が不利になってしまったり、デメリットの説明が不十分になったり、とりうる対処法をとることができずに不利益を受けたりするおそれがあるからです。
横浜には多くの弁護士がいるので、相続問題に強い弁護士も多く開業していますが、具体的に弁護士を探す場合には、インターネットなどを利用して弁護士を検索してみることをおすすめします。

今は多くの弁護士事務所がホームページを開設して、各事務所の特色を出して広告しているので、相続問題についての実績や事件への取り組み姿勢などを見てみましょう。

相続問題についてのコラムが充実している事務所は相続問題に強い弁護士である可能性が高いです。
神奈川県は東京のベッドタウンなので、中間所得層も多いですが、中間所得層であっても自宅などの不動産がある限りは相続トラブルが起こる可能性があります。
将来の相続が予想される場合には、生前から早めに弁護士に相談に行って対策を練っておくことをおすすめします。