長野県で事業承継に対応している弁護士

該当する弁護士事務所が見つかりませんでした

掲載事務所を募集しています。

当サイトに掲載を希望される事務所様がありましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら

長野県 軽井沢町

長野県の相続事情

長野県の相続はどのようになっているのでしょうか。

長野県の概要

長野県は本州の中央部に位置しており、人口約2,076,000人で(2017年10月現在)、全国で16番目に人口の多い都道府県です。 北海道、岩手県、福島県に継いで4番目に大きい面積を誇り、また、新潟県、群馬県、埼玉県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県、富山県と、8つもの県と接しています。

飛騨・木曽・赤石の日本アルプスに囲まれた長野県の土地と気候は、果物の栽培に適しており、 特にりんごが美味しく、信州りんごと呼ばれ、長野を代表する果物の一つとなっています。

また、安楽寺の八角三重塔、善光寺、松本城天守など、国宝に指定されている建築物も多く、大勢の観光客が訪れる地です。

長寿の県としても有名ですね。

長野県の裁判所

このような長野県には、長野地方・家庭裁判所、長野地方・家庭裁判所上田支部、長野地方・家庭裁判所佐久支部、長野地方・家庭裁判所松本支部、長野地方・家庭裁判所諏訪支部、長野地方・家庭裁判所飯田支部、長野地方・家庭裁判所伊那支部などの裁判所があります。

長野県の課税割合

長野県の平成27年の課税割合は6.68%で全国第19位であり、全国平均の7.99%を下回っているため、人口の多さの割にも、相続争いは発生しにくい方の都道府県であると言えるかもしれません。

しかし、前年の平成26年の課税割合は3.27%であったため、約3.4%も増加していることになり、今まで相続とは無縁と考えていた層の人々にも降りかかる問題になってきています。

このような状況から、相続争いの件数は少ないながらも確実に増加していることが伺えます。 残念ながら争いに発展してしまった場合、上記の裁判所に遺産相続調停の申し立てをすることになります。

地価と富裕層

地価の高い長野市、軽井沢町、松本市

次に、長野県の地価と富裕層の状況を見てみましょう。 長野県の地価の高い地域は、長野市、そして軽井沢町です。

軽井沢町は避暑地として有名であり、別荘を所有している富裕層が多く、地価が高くなっています。

長野市は、長野県の県庁所在地であり、県庁周辺や、景観の良い善光寺や城山公園があるエリアの住宅地は、富裕層に人気が高いです。

軽井沢町や長野市以外では、松本市の地価が高めとなっています。

松本城周辺に自宅を構えているという富裕層も少なくないですし、自然豊かで教育にも力を入れている松本市は、裕福な家庭に人気の住宅地です。

このように、地価の高い軽井沢町に別荘を所有していたり、長野市や松本市の中心部に一軒家を所有している方は、相続税が発生する可能性が高いと考えられます。

それ以外の市町村では、目立って地価の高い地域はない

それ以外の市町村では、目立って地価の高い地域はないため、あまり心配する必要はないかと思いますが、少額の遺産であったとしても、争いは起こってしまうものです。 富裕層だけでなく、どのような家庭でも注意するに越したことはないでしょう。

長野県の弁護士事情

それでは、長野県の弁護士事情はどのようになっているのでしょうか。

長野県弁護士会とその在住会がある市

長野県には長野県弁護士会があり、その会員数は244名となっています。(2017年4月1日現在) また、松本市、上田市、佐久市、諏訪市、伊那市、飯田市に在住会があります。

人口が最も多い長野市や、上記の在住会がある市に居住している場合、弁護士探しに苦労することはそこまでないかと思いますし、相続問題が得意な弁護士も探しやすいのではないでしょうか。

それ以外の市町村

しかし、それ以外の市町村にお住まいの場合は、自宅近くに弁護士が全くいないということも有り得ます。 そのような場合は、無理に「自宅の近く」という条件に拘らず、近隣の市町村まで出てきて探した方が良いかもしれません。

もし、自宅近くに弁護士がいるという場合でも、その弁護士の得意分野が相続問題であるとは限らないので、その際はやはり長野市まで対象エリアを広げて探した方が効率的です。

軽井沢に自宅や別荘を所有していたり、長野市や松本市の地価の高いエリアに一軒家を所有しているなど、相続問題が心配な場合には、一度相続問題に強い弁護士を探して相談してみることをお勧めします。