岡本政明法律事務所について

高額の財産がある相続、不動産が関わる相続、法人が関わる相続の解決実績が豊富です。
当事務所は、高額な相続、不動産が関わる相続、法人が関係する相続問題の解決に多く携わってまいりました。交渉、調停、訴訟などにも自信があります。また、遺言書、任意後見、家族信託契約書の作成などを含め、ご依頼者様の事情に合わせて、相続発生前から的確に対応しています。
最近は認知症のリスクに備え、家族信託等を活用される方も増えておりますので、非常に喜ばれております。
何事も早めの行動が重要です。ご依頼者様に寄り添った丁寧かつ迅速な対応をしておりますので、是非お問い合わせください。

対応分野

  • 遺言作成サポート
  • 遺産分割協議のサポート
  • 遺留分減殺請求
  • 遺産分割の調停/訴訟
  • 相続財産の調査
  • 相続人の調査
  • 相続放棄
  • 遺言執行者の就任
  • 不動産相続
  • 事業承継

費用

初回相談無料

私たちに依頼するメリット

  • 一つ一つの案件に集中し、全力かつ迅速に対応
  • 高額な相続、不動産に関わる相続、会社の関係する相続に関する専門性と対応力が豊富
  • 遺言書、任意後見、家族信託契約書の作成などを含め、ご依頼者様の事情に合わせた的確な対策を取ることができる
  • 交渉、調停、訴訟(遺産分割、遺留分、遺言無効)に強く、多くの実績あり
  • 税理士や土地家屋調査士等と連携しているため、面倒な手続を安心して任せることができる

岡本政明法律事務所からのご挨拶

皆様、はじめまして。
岡本政明法律事務所の所属弁護士「岡本 直也 (おかもと なおや)」から、当事務所を紹介させていただきます。

岡本政明法律事務所とは

岡本政明法律事務所は、東京都新宿区にある法律事務所です。
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分とアクセスが良いため、近隣の市区町村だけでなく、都内各所からご来所いただいてます。

他県からお越しいただく方も少なくなく、公共交通機関で来られる方も、車で来られる方もいらっしゃいます。

事務所の相談室は8名掛けの広い部屋で、採光性も良く、観葉植物や絵画などで彩りを添えたレイアウトにしています。

ゆっくりと落ち着いてお話いただける環境を整えておりますので、まずは一息入れて、リラックスしてご相談させていただければと思います。

一つ一つの案件に全力で対応する

事務所の運営においては、「お客様との信頼関係の構築こそ重要」と考えのもと、日々の業務に取り組んでいます。
信頼関係と一言で申し上げましても、その醸成は簡単ではありません。一つ一つのご相談や案件を丁寧に対応させていただく中で、徐々に培われるものです。

そのため一つ一つのご相談に全力で対応することを、基本姿勢としています。

弁護士による適切なアドバイス・対応が必要な範囲で、お力添えが出来ればと存じます。
相続に関し、お悩み事があれば、なんでもご相談いただければと思います。

高額な財産・不動産のある相続の実績多数

高額の財産がある場合

高額な財産が残されている場合、どうしても複雑な処理が必要になったり、揉めたりしてしまう可能性が高くなります。一旦誤った処理をしてしまうと後で取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そのため、高額な財産がある場合の相続においては、特に弁護士に相談する必要性が高いです。可能であれば、相続が発生する前から、弁護士に相談することをオススメします。

当事務所においては、これまでも高額な財産がある場合の相続を多数扱っている実績がありますので、ご安心してご相談いただけます。

不動産のある相続

また、都内を中心として、関東近郊は総じて地価の高いところが多く、価値の高い不動産が存在する例は少なくありません。
一見すると「恵まれている」「素晴らしいことでは?」と思われがちですが、意外と当事者を悩ませる問題となるのが、この「不動産の相続」です。

たとえば、複数の相続人がいる場合、当該不動産をどのように相続するかが大きな問題となります。
共有持分とすることが難しければ、「誰かが一人で相続する」という案が持ち上がりますが、「誰が相続するか決まらない」「代償金が払えない」といった問題が生じ、解決が難しくなるのです。

このような場合、それぞれの言い分をぶつけるだけでは、中々解決しません。
専門家の見解を交えつつ、然るべき着地点を見つける必要があります。

当事務所は、不動産関連の事業者とも厚く連携しており、こうした場面でも幅広い提案が出来ます。

 

このように、当事務所は、高額な財産がある場合や不動産がある場合の相続問題を得意としておりますので、是非ご相談ください。

法人が絡む相続など複雑な問題にも精通

当事務所は、企業法務を主軸の一つとしており、多数の企業様からご愛顧いただいてます。所属弁護士は4名ですが、この規模感に比べますと、質・量ともに、都内の平均的な事務所を圧倒していると自負しています。
私自身は、顧問契約などをご縁として、企業向けのセミナー/講演をすることも多いです。

こうした取引の「ご縁」と「経験」から、会社が関わる問題全般に対し、高い専門性と対応力があります。

当たり前のことですが、会社においては、必ず相続問題が発生します。そして、亡くなった方の役職や立場によっては会社の経営が絡む問題となりますので、非常に難しい問題になることも多いです。
また、財産が高額で多岐にわたったり、会社の株式をどのように評価するなど、複雑な場合も多いです。

そうした場合でも適切なアドバイスが出来る ―― これも、当事務所の強みの一つです。

相続に対する取り組み

経営に関わる相続も多数対応

会社が関係する相続の場合、通常の相続に比べて非常に複雑です。資産や負債が多数存在しますし、取引先との関係性や今後の経営も考慮しなければなりません。

個々人の感情に対する配慮だけでなく、会社の運営にかかわる専門的な知識や経験も必要となる案件です。

特に難しいのが、会社を牽引してきた重要な役員の方、代表者が亡くなられた場合です。
残された方は今後に強い不安を感じておられる中で、如何にして説得力のある提案と建設的な未来像が描けるか ―― 弁護士の力量が厳しく問われる場面と存じます。

当事務所では、このような会社の関係する相続も、多数対応しています。
過去、例えば以下のようなご相談を解決してきました。

  1. 社長を務めていた親族が亡くなったため、今後、自分が会社を運営していきたい
  2. 社長を務めていた夫が亡くなってしまったが、今後どうすれば良いか分からない
  3. 親族間で会社の今後についての考え方が異なり、対立している
  4. 親族間で経営権を争っている

遺言書や家族信託契約書等の作成サポート

昨今は、ネットや書籍などを見て、自分で遺言書を作成する方も増えてきています。
ただ、その遺言を巡ってトラブルが生じる例は、まだまだ少なくない印象です。
特に、相続人が多数存在している方の場合、その方が気づけていない問題が後々になってトラブルになる例が散見されます。
こうした昨今の相続事情を踏まえ、当事務所では「遺言書の作成」などの相続対策にも注力し、サポートしています。

遺言に関わる情報にはプライベートな内容が非常に多く含まれます。
ご家族に関する事情や、個人の想いなどは、なかなか他人に語りづらいものです。
当事務所では、そうしたお気持ちにも配慮しつつ、丁寧に遺言に記すべきことを提案し、作成をサポートしています。

また、当事務所では、家族信託や任意後見など、遺言書だけでは対応しきれない対応をすることも可能です。
認知症になってしまうリスクも考え、家族信託や任意後見を活用される方も非常に増えております。
具体的な事情は依頼者様によって異なりますので、様々な観点から検討し、早めの対策をした方が良いと思います。

税理士や司法書士とも連携

相続では、税金や登記などの諸手続もあります。
たとえば不動産の相続が発生する場合、相続登記を「司法書士」に依頼する必要があります。相続財産の額によっては、相続税の申告を「税理士」に依頼する必要もあります。

当事務所は、相続に関係する士業(税理士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士)とも連携しており、様々な分野の専門家を交えたワンストップのサービスを提供できます。

「色々な手続があって面倒だ」とお悩みの方に対しても、ご満足いただける対応が出来るよう、尽力しています。

こんなお悩みはありませんか

遺言の内容/解釈で揉めている

遺言が残されていた場合であっても、その解釈や有効性が問題となり、ご相談いただくことがあります。「遺言の無効を主張したい」方からのご依頼もあれば、「(逆に)有効であることを示したい」方からのご依頼もあります。

当事務所では、こうした遺言にまつわるトラブルも、多数解決してきました。

当事務所が得意とする分野は数多くありますが、中でも遺産分割、遺留分、遺言無効に関する交渉、調停、訴訟などには自信があります。

公開できる実績の中から一部をご紹介いたしますので、ご依頼の際の参考にしていただければと思います。

  • 自筆証書遺言の無効を主張したいというご依頼者様の代理人として訴訟を行い、遺言書の無効を無事に勝ち取りました。
  • 上記とは逆に、遺言の無効を主張されてお困りのご依頼者様からご依頼を受け、遺言書が有効であるという判決を勝ち取りました。
  • 遺産分割において、ご依頼者様に有利な形で解決した事例が多くあります。
  • その他、遺言書の作成や遺留分の請求などの事件を、ご依頼者様のご利益に沿うように解決してまいりました。

遺言の解釈や内容、それを踏まえた遺産分割協議の内容などにお悩みであれば、ぜひ一度、ご相談ください。

事業承継について相談したい

相続発生前も含め、経営者様などから、「事業承継」のご相談を頂くことも増えています。昨今だと、下記のようなご相談が、その例です。

  • 息子を後継者として考えているが、なかなか上手くいかない
  • 父親と一緒に会社を運営しているが、父親のやり方には時代に合っていない部分もあるので、変えていきたい

親世代からのご相談も、子世代からのご相談も、多数承っております。
「今のうちからこんな話をするべきか…」と、悩みながらご相談にいらっしゃる方も少なくありませんが、とり得る手段が多いという意味で、早めにご相談はむしろ「良い事」です

先々を見越した「遺言書の作成」や「会社の運営に関するご相談」も有効な場合が多いです。お悩み事があれば、ぜひご連絡ください。

費用等

初回相談:無料

このサイトを見てご連絡いただいた方については、初回相談料を無料としています。

面談は基本的に平日ですが、お客様のご要望に応じて営業時間外の面談も可能です。
お気軽にご相談ください。

メールでのご予約は24時間いつでも受付しておりますので、メールでもお電話でも、ご都合の良い形式でご連絡いただければと思います。

最後に:相続問題でお悩みの方へ

色々とご説明・ご紹介しましたが、最後に一言申し述べるとすれば、「相続のご相談はお早めに」という言葉に尽きます。
多くの弁護士が伝えるメッセージではありますが、相続に関してはこれに尽きるでしょう。

相続トラブルは、突発的な問題ではありません。
勿論、一人の人間の「死」自体は唐突に訪れることがあります。しかし、その方を交えた人間関係や感情、想い、歴史などは、一朝一夕のものではありません。「人生の結晶」ともいうべきものが、そこには存在します。

長い年月の中で蓄積され、結晶化されたものが関係してきますので、一人の人間では十分に把握・整理出来ないことが多いです。

そうした中で、「第三者の視点」「専門家の視点」を入れることで、自分自身が気づかなかったことに気づけたり、新しい道が見えることがあります
ご相談を通じて、そうした「発見」や「可能性」を、出来るだけ早い段階で、ご相談者様にご提示できればと存じます。

今、すでにお悩みやご懸念があるのであれば、早すぎるということはありません
相続に関し、お困りごとがあれば、ぜひ一度、岡本政明法律事務所にご連絡ください。

Cafeから見た「岡本政明法律事務所」

本記事は、岡本政明法律事務所の「岡本 直也 (おかもと なおや)」先生にご担当いただきました。

お話する中で、「岡本先生は丁寧で真面目な方」、との印象を受けました。
聞かれたことに答えるだけでなく、「+α」の何かを返してくださることが多く、また、こちらの意図を汲みつつお話されていると感じました。
紹介文でセミナーや講演のお話もありましたが、顧問先からの依頼だけでなく、評判を聞きつけた別の企業様からお声がけされることも少なくないそうです。

真摯に誠実に、一つ一つの案件に全力を尽くされる姿勢が、こうした評判に繋がっているのではないかと感じられました。

相続のご相談に関し、先生は「(相談に)来ればきっと良いことがありますよ」とお話されていました。Cafeから見ても、岡本先生に具体的な相続の相談をすれば、有意義なアドバイスを頂けそうだと感じます。

相続問題でお悩みの方は、ぜひ一度、岡本政明法律事務所にご相談されてはいかがでしょうか。

岡本政明法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 岡本政明、岡本直也、田中宏明、小川翔平
住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿1-9-3 NBK祭苑ビル4階
対応エリア 東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
アクセス

東京メトロ丸の内線 「新宿御苑前駅」 より徒歩1分
地下鉄都営新宿線 「新宿三丁目駅」 より徒歩8分

現在営業中(本日9:00~21:00) ]
電話での受付はこちら
050-5267-6916
[電話受付] 平日 9:00~21:00 土日祝 12:00~18:00

【24時間受付】メール相談はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:00~21:00
土日祝 12:00~18:00
定休日 なし
定休日 なし
対応エリア 東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な場合があります。詳しくはお電話の際にご確認ください。
都道府県から
相続問題に強い弁護士を探す