東京都で国際相続に対応している弁護士

全部で3件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人 よぴ法律会計事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    かつて相続トラブルの当事者になった経験から、必ず皆様のお気持ちを理解し、寄り添い、皆様の立場から解決策を考えるようにしております。
    • 交渉力に自信
    • 調停や訴訟に強い
    • 豊富な処理実績
    • 迅速対応
    • 他士業との連携
    • 士業ワンストップサービス

    ご相談だけでも、「何が問題で今後どうするのが適切か」を分かりやすくお伝えしますので、「何が分からないか分からない」という状態でも、まずはご相談ください。国際相続・不動産案件・事業承継など、複雑で難解な案件でも安心してお任せいただけます。

    • 最新の情報を取り入れ、法改正にも適切に対応
    • 国際相続のような難解な案件にも対応可能
    • 自営業の相続問題・事業承継についての解決実績も豊富
    〒134-0088

    東京都江戸川区西葛西6-13-14 丸清ビル2階F号室

    西葛西駅 徒歩1分

    東京都
    [電話受付]毎日 9:00~22:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6974
    [電話受付] 毎日 9:00~22:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 六法法律事務所 写真1

    六法法律事務所・新宿オフィス

    弁護士詳細情報はこちら
    40年以上のキャリアを持つ弁護士が、ご相談から相続税申告・相続登記までを一括して承ります。
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • セカンドオピニオン
    • 豊富な処理実績
    • 電話相談可
    • メール相談可

    最近は相続関係の案件のみを扱っており、知識や経験に裏付けされた高い専門性があると自負しております。相続の争いに関するご相談だけでなく、それに付随する相続税や登記についてもお気軽にご相談ください。遺言の書き方、遺産分割の争い、遺留分、放棄したい等、皆様それぞれのお悩みを解消するため、力の限りを尽くします。

    • 40年以上のキャリアを持つ弁護士が一括して対応
    • ご依頼者様の利益になる可能な限りの解決策をご提案
    • 綿密な事前調査を欠かさず行い、正当な遺留分を獲得
    〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-10

    JR中央本線 千駄ヶ谷駅より徒歩6分
    東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅2番出口より徒歩6分
    都営大江戸線 国立競技場駅A2出口より徒歩6分

    東京都
    [電話受付]毎日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6211
    [電話受付] 毎日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • カヤヌマ国際法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    実務歴30年以上。国際相続にも対応しています。
    • 初回相談無料
    • 豊富な処理実績
    • 交渉力に自信
    • 調停や訴訟に強い
    • 事前対策
    • 駅から徒歩1分

    日本国内の相続案件については東京都及び周辺の首都圏に対応し、海外の銀行などの金融機関に預けた預貯金の相続による取り戻しについては全国に対応します。

    • 実務歴30年以上の弁護士が対応
    • 国際相続に強いく、海外の相続案件の実績も豊富
    • 預貯金の相続による取り戻しについては全国に対応
    〒160-0017 東京都新宿区左門町2-5 ミクニ四谷ビル6F

    東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目(M11)
    3番出口より徒歩1分(新宿駅より電車で約6分)

    東京都
    [電話受付]平日 9:00~20:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6965
    [電話受付] 平日 9:00~20:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全3件中 1-3件

東京都の相続の状況

遺産相続の際にはいろいろな法的トラブルが起こるので、弁護士に相談したり依頼したりする必要性が高いですが、相続問題の発生件数や発生率、弁護士の数や相続問題に強い弁護士を探しやすいかどうかなどについては、日本の中でも地域によってかなり異なってきます。
遺産相続問題に備えるには、自分が居住している地域の相続や弁護士事情について知っておくと安心ですので、東京都の相続と弁護士事情についてご紹介します。

1.東京は相続の件数が多い

東京は、日本の首都であり、全国でも飛び抜けて人口が多い地域です。
日本の人口は約1億3千万人ですが、東京都には1362万人の人口が集まっているので、日本人口の約10分の1が東京都に居住していることになります。
そうなってくると、当然死亡する人の数も多く、東京では相続の件数も多いです。
家庭裁判所で調停が行われる件数も全国で最も多く、年間1700件にも達しています(全国では年間13000件程度。平成27年度司法統計資料)。

【参考】全国の家裁の遺産分割調停事件の新受件数の推移表(平成16年以降)

このように、東京ではもともとの人口が多いこともあって、大変相続トラブルが多い地域であると言えます。

2.東京は地価が高い

東京で相続トラブルが多く起こる理由は、人口が多いからだけではありません。

東京は「土地価格」の高い地域でもあります。
遺産相続でトラブルになる場合、たいていが不動産絡みです。遺産の中に不動産があると、誰が不動産を取得するかでもめますし、誰か一人が取得するとなると、その代償金をいくらにするかということでもめます。

関連記事
不動産があると相続でもめる理由
遺産相続をする場合、有効な遺言書がなければ相続人同士が遺産分割協議を行って遺産の分割法方を決める必要があります。この…

誰も不動産の相続を希望しない場合、不動産を売却しないといけませんが、その際「どのようにして売るか」「いくらで売るか」、ということでまた揉めます。
このように、不動産はの相続ではトラブルが起こりがちです。
まして、東京は地価が高いので、相続人の関心が不動産に集まりやすく、トラブルが大きくなりやすいのです。

3.東京は富裕層が多い

遺産相続が起こったとき、相続財産の評価額が相続税の基礎控除を超える場合にのみ相続税が発生します。
つまり、遺産相続をしても、遺産の評価額が基礎控除内におさまっていれば、相続税支払いは不要です。

ここで東京都は、相続税の課税割合が15.61%と高く、全国トップです。
(課税割合=被相続人の数÷死亡者数)
また相続税課税額も、東京都全体で約31億円と圧倒的に高く、こちらも全国一位です(平成28年調べ)。
単に人口が多いだけでなく、相続税が発生する程の資産を保有する方が割合的にも多いことが分かります。

関連記事
平成28年都道府県別、相続税の課税割合と申告状況 | 相続税理士相談Cafe
平成28年都道府県別の相続税申告データが各国税局より発表されました。 平成27年と比較すると、全国的に課税割合が、わ…

【参考】東京都国税局 統計情報 平成28年 直接税(相続税)課税状況

ある程度の遺産があると相続トラブルが起こりやすくなるので、東京ではやはり遺産相続トラブルが起こりやすい環境がそろっていると言えます。
東京都にお住まいの場合には、将来の相続に備えておく必要性が高いと言えるでしょう。

4.東京の弁護士数は圧倒的に多い

遺産トラブルに備えるには、弁護士に相談して遺言をすることなどが効果的です。
また、生前に対策をせずに相続トラブルが起こってしまった場合、弁護士に遺産分割協議の相談をしたり代理人を依頼したりする必要もあります。

ところで、東京には、弁護士はどのくらいいるのでしょうか?

東京都の弁護士数は、他県に比べ、圧倒的に多いです。
現在、全国に弁護士は40,066人ほどの弁護士がいますが、そのうち18,879人が東京にいます。割合にして47.12%、ほぼ半分近くが東京にいることになります。

【参考】基礎的な統計情報(弁護士白書2018年版抜粋)
東京は人口も多く、事件数も多いことがその理由です。
また、企業の本社なども多く、海外取引も頻繁なので、弁護士が企業法務にまともに取り組みたい場合には東京が有利になることも理由の1つです。

弁護士事務所は千代田区、港区、中央区に集中

ただ、都内といっても、事務所の所在地には偏りがあります。千代田区、港区、中央区などは、大企業が集中していること、裁判所や弁護士会館といった関連施設も多いことなどから、事務所が集中しています。他方、23区外に拠点を置く事務所は少な目です。

全体として、他県に比べて圧倒的に数が多いので、東京では「弁護士探しに苦労する」ということは、あまり考えられません。
どちらかというと数が多すぎるので、「どの弁護士に依頼すべきか分からない」という方が多いでしょう。

東京都23区外の相続の状況

東京都23区外は、23区内に比べると人口が少なく、あまり栄えていないイメージを抱かれる方も多いでしょう。

しかし、若者に人気の街-吉祥寺を擁する「武蔵野市」や、駅前にルミネや伊勢丹などの商業ビルが立ち並ぶ「立川市」などは、非常に活気があります。
「八王子市」は、東京都23区を入れても、都内で6番目に人口が多い市区町村で、住宅地として大変人気が高い街です。

このように栄えている市町村もある一方、ゲゲゲの鬼太郎で有名な「水木しげる氏」が住んでいた「調布市」や、秋川渓谷が有名な「あきる野市」など、豊かな自然に囲まれ、東京都とは思えないくらいのんびりとした生活を送ることが出来る市町村もあるのが、東京都23区外の大きな魅力でしょう。

また、井の頭恩賜公園、通称「井の頭公園」や、三鷹の森ジブリ美術館などの人気の観光スポットも多く存在します。

中心となる裁判所は、東京高等裁判所です。
その中に、23区外には、東京地方・家庭裁判所立川支部などの裁判所があります。

5.相続に強い弁護士もたくさんいる

弁護士数が多いので、その分、相続問題に強い弁護士も多くいます。

逆に、相続問題に「強くない」弁護士も多いです。
債務整理に特化していたり企業法務しか取り扱っていなかったり、交通事故案件に力を入れていたりなど、東京の事務所にはいろいろな特色があります。
しかも、人数が多い分、弁護士の質にもかなりの差があり、玉石混淆(ぎょくせきーこんこう)状態です。

「どこの弁護士事務所に依頼しても安心」というわけにはいきません。

相続問題を依頼する場合には、これらのたくさんの弁護士の中から相続問題に強い弁護士を選定して依頼することが重要になります。

6.東京で相続に強い弁護士の探し方

それでは、東京で相続問題に強い弁護士を探したい場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

これについては、インターネットを利用する方法がおすすめです。

今は、多くの弁護士がホームページを作って広告を出しています。
特に、東京では若い弁護士も多く、競争も激しいので、ホームページを作っている事務所が多いです。

ホームページを見ると、各弁護士事務所の特色が現れているので、相続関係の記事や内容が充実している事務所を選ぶと良いでしょう。
相続に関するポータルサイトを利用して相続に強い弁護士を探す方法もあります。

相続の際には不動産や相続税に関する問題が発生することが多いので、不動産業者や司法書士、税理士などと提携関係にある弁護士事務所に相談すると、ワンストップサービスを受けられるのでスムーズに手続きをすすめることができます。
東京都には税理士や司法書士も多く、それぞれ提携しているケースも多いので、「士業ワンストップサービス」を宣伝している弁護士事務所を見つけて相談に行ってみましょう。

まとめ

東京は日本の中でも人口が集中している地域であり、地価も高いので遺産相続トラブルが起こりやすいです。
ただ、東京には日本の弁護士の半数近くが集まっているので、弁護士探しに苦労することはありません。
東京で弁護士を探す場合には、相続問題に強い弁護士を選んで相談する必要があります。
当サイトでは、相続に強い弁護士を多数紹介していますので、ご参考ください。