長野県の相続問題に強い弁護士

全部で2件の弁護士事務所が見つかりました
  • 長野県・伊那市
    所縁のある地元(地域)の皆様に貢献したい、という思いから、地域に根差したサポートを行っております。
    • 地域密着
    • 事前対策
    • 税理士と連携
    • 司法書士と連携
    • 土日祝日対応可
    • 営業時間外対応可
    • 地域密着
    • 事前対策
    • 税理士と連携
    • 司法書士と連携
    • 土日祝日対応可
    • 営業時間外対応可

    生前の遺言書の作成から、相続発生後の不動産問題まで、様々な相続問題にワンストップで対応可能です。ご相談者様の状況やお気持ちを丁寧に汲み取りつつ、出来るだけ依頼者様の利益につながるように適切かつ…

    • 地域に根差した活動をしつつ他士業とも連携
    • 将来的な紛争の予防を見越した遺言書を作成
    • 不要な不動産の相続問題を機動的に解決
    〒396-0025

    長野県伊那市荒井3497-3

    「伊那市」駅から徒歩4分、バスターミナルから徒歩3分

    長野県
    電話での受付はこちら
    050-5267-6977
    [電話受付] 月曜 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 東京都・新宿区
    全国に事務所を持つ相続に強い弁護士法人です。
    • 初回相談無料
    • 24時間受付可
    • 土日祝日対応可
    • 迅速対応
    • 他士業との連携
    • 初回相談無料
    • 24時間受付可
    • 土日祝日対応可
    • 迅速対応
    • 他士業との連携

    相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。…

    • 電話やメールについては24時間受付対応
    • 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス
    • 遺産分割協議をまとめるためのノウハウを熟知
    〒163-1128 東京都新宿区西新宿6丁目22−1 新宿スクエアタワー28F

    東京メトロ丸ノ内線 『西新宿駅』 2番出口から徒歩7分
    東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線 『中野坂上駅』 1番出口から徒歩7分
    都営大江戸線 『西新宿五丁目駅』 A1出口から徒歩8分
    都営大江戸線 『都庁前駅』 A5出口から徒歩7分

    東京都、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、長崎県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
    電話での受付はこちら
    050-5267-6190
    [電話受付] 平日 9:30~20:00
    土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全2件中 1-2件

避暑地・軽井沢やスキー等のレジャーも人気な長野県。
日本一の長寿県としても知られていますが(*1)、相続問題についてはどんな特徴があるのでしょうか。

長野県の相続事情について解説します。

*1 長野県「保健衛生関係主要統計」

データでみる長野県の相続事情

 

長野県の令和元年度の相続税課税割合は「6.6%」で、全国平均である8.3%を下回っています(*2)。
課税割合が低いということは、「全ての被相続人のうち、相続税が発生する下限である3,600万円を超える遺産を持つ被相続人の割合」が全国と比べて低いということです。
長野県では、富裕層というよりは、低所得家庭~中流家庭で相続が発生していると考えられます。

*2 関東信越国税局「令和元年分における相続税の申告事績の概要」PDF

長野県の地価

相続で争いになりやすいのが、不動産です。
長野県の地価は全国水準で見ると、高いとはいえません。
地価が低いと、相続人が相続するのを嫌がったり、売却しようにも買い手が見つからなかったりするおそれがあります。

地価が高いのは軽井沢町・松本市・長野市

長野県の中でも、比較的地価が高いのは軽井沢町や松本市、長野市です(*3)。
とりわけ別荘地として人気の高い軽井沢町は、市区町村別平均変動率(住宅地)において上昇率が高く(*4)、根強いニーズがあるといえます。

ただ、やはり農村部になると、かなり地価が低くなってしまうのが現状です。

*3 「標準地一覧表(長野県)」PDF
*4 「令和2年地価公示(長野県)」9頁 PDF

山林の相続も注意

また、長野県の面積は広大ですが、その大部分が山地です。
中には、山林を所有する方、被相続人が山林を所有していたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

境界も曖昧な山林の相続は、同じ不動産でも家の相続よりも複雑ですし、活用方法を考えるのが難しく、相続人に嫌がられてしまうことも多いです。
売却しようにも、立地や状態によっては買い手がみつからず、大変です。
かといって相続放棄しても相続財産の管理義務はあるため、相続人の立場からすれば非常に持て余してしまう財産になりやすいと言えるでしょう。

土地、家や山林といった不動産は、そもそも相続するか、誰が相続するのか、売却するのかそのまま活用するのか、相続人間で合意に至るまで特に労力を要します。
所有者の方が元気なうちから、きちんと将来の相続まで見通しを立てておくことが重要なのです。

将来のトラブルの芽をしっかり摘むためにも、弁護士に相談しながら生前対策をするのがおすすめです。

長野県の弁護士事情

長野県に在籍する弁護士は、258人です(2021年1月1日現在。*5)。

日本で最も弁護士が集中して在籍している東京都(※東京都の弁護士は、2万人以上)などと比べるとどうしても少なく感じてしまいますが、その代わり、地域に根ざした活動をされている先生が多いです。
やはり相続は家の問題ですから、地域特有の事情が絡んでくることがあります。
長野県の事情に精通している弁護士に相談するのが最も安心です。

当サイトでは、相続問題に強い長野県の弁護士を厳選してご紹介しています。
弁護士選びのご参考になれば幸いです。
もしも、お住まいの地域周辺になかなか弁護士が見つからないという場合は、少し近隣のエリアまで拡大して探されることをおすすめします。

*5 日弁連「弁護士会別弁護士数」PDF