岩手県の相続問題に強い弁護士

全部で1件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人 ALG&Associates・東京オフィス

    弁護士詳細情報はこちら
    全国に支店を持つ相続に強い弁護士法人です。
    • 遺言書作成サポート
    • 相続専門の事務所
    • 土日祝日対応可
    • 24時間対応可
    • 迅速対応
    • 初回相談無料

    相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。

    • 電話やメールについては24時間受付対応
    • 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス
    • 遺産分割協議をまとめるためのノウハウを熟知
    〒163-1128 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F

    東京メトロ丸ノ内線 『西新宿駅』 2番出口から徒歩7分
    東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線 『中野坂上駅』 1番出口から徒歩7分
    都営大江戸線 『西新宿五丁目駅』 A1出口から徒歩8分
    都営大江戸線 『都庁前駅』 A5出口から徒歩7分

    東京都、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、長崎県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
    [電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6190
    [電話受付] 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全1件中 1-1件

1.岩手県の相続事情

岩手県の相続はどのようになっているのでしょうか。

岩手県の特徴

岩手県は、本州の北東部に位置しており、人口は約1,255,000人(2017年10月現在)。
全国で32番目の人口数と、広い面積のわりには人口が比較的少ない県です。

南北に長い地形をしていて、北海道に次ぐ大きさを誇る岩手県では、その広い面積や北上川を代表とする美しい川が流れる恵まれた自然を活かした農業、そして畜産業が盛んです。

米どころとして知られている他、りんどうやホップの生産量は日本一を誇ります。

また、太平洋側に見られるリアス式海岸や三陸沖は、あわびや鮭をはじめとした多彩な海産物が採れる、世界有数の漁場となっています。

観光では、世界文化遺産である中尊寺金色堂、日本三大鍾乳洞の一つ龍泉洞、そして小岩井農場などが有名ですね。

岩手県の裁判所

このような岩手県には、盛岡地方・家庭裁判所、盛岡地方・家庭裁判所花巻支部、盛岡地方・家庭裁判所二戸支部、盛岡地方・家庭裁判所遠野支部、盛岡地方・家庭裁判所宮古支部、盛岡地方・家庭裁判所一関支部、盛岡地方・家庭裁判所水沢支部などの裁判所があります。

岩手県の相続税の課税割合

岩手県の平成27年の課税割合は3.62%で全国第39位と下位の方であり、全国平均である7.99%を大きく下回っているため、相続争いは発生しにくい方の都道府県であると考えてよいでしょう。

しかし、前年の平成26年の課税割合は1.92%であったため、1年間で1.7%も増加しており、その伸び率は顕著です。

岩手県の相続事情

相続争いの件数も、他の都道府県と比べると少ないながらも、確実に増加の一途をたどると思われます。

この背景には、平成27年に実施された大規模な税制改正の影響があります。

これにより、今までは富裕層や裕福な家庭だけのものと思われていた「相続」が、どのような層の家庭においても起こりうる身近な問題となってきました。

相続の件数の増加が、相続争いの件数の増加へと繋がることはあきらかです。

万が一相続問題がこじれてしまい、相続争いに発展してしまった場合には、上記の裁判所に遺産相続調停の申し立てをすることになります。

地価と富裕層

次に、岩手県の地価と富裕層の状況を見てみましょう。

盛岡市の地価が高い

岩手県で最も地価が高いのは、県庁所在地である盛岡市です。

盛岡市の中でも、若園町は、岩手県庁、盛岡市役所、岩手医大病院などの主要施設へのアクセスが良く、中津川も近いなど自然にも恵まれた環境にあり、富裕層が住んでいることで知られています。

JR盛岡駅近くの開運橋通も、大通りなどの繁華街が近く、交通や生活の便がいいため、高級マンションが立ち並んでいる地域です。

また、本宮地区は、盛岡市の中心部からは距離があるものの、近年、イオンモール盛岡南店を筆頭に、商業施設が数多く建設され、目覚しい発展を遂げています。

裕福な家庭に人気が高く、その地価は年々著しい勢いで上昇し続けています。

釜石市・宮古市も地価が高い

その他では、釜石市や宮古市の地価が高めとなっています。

釜石市と宮古市は、両市共に、2011年の東日本大震災により、大きな被害を受けた町です。

そのため、復興が進んできた現在、震災により家を失ってしまった方達が新たな住まいを求めており、住宅の需要が常に高く、それが地価の上昇に繋がっているものと推測されます。

もし、盛岡市の地価の高いエリアや、釜石市や宮古市に一軒家を所有していた場合、相続税が発生する可能性は高くなるでしょう。

その他の市町村の土地事情

それ以外の市町村では、特に地価が高い地域は見られないため、相続に関する心配はあまりする必要が無いかと思われます。

しかし、相続が誰にとっても身近な問題となってきた現在では、財産のある無しに関係なく、どのような家庭であっても相続問題が発生する可能性があるということを覚えておきましょう。

少額の遺産であっても、起こってしまうのが相続争いなのです。

岩手県の弁護士事情

それでは、岩手県の弁護士事情はどうなっているのでしょうか。

盛岡市・北上市は弁護士が多め

岩手県には、盛岡市岩手弁護士会があり、その会員数は105名(2017年7月現在)です。

また、北上市に、北上・花巻法律相談センターを設けています。

岩手弁護士会の所在地である盛岡市や、北上市の法律相談センターの近くにお住まいの方は、弁護士探しに苦労することはあまりないかと思われます。

また、相続問題を得意とする弁護士も見つけやすいでしょう。

その他の市町村の弁護士事情

それ以外の市町村にお住まいの場合、自宅近くに弁護士が全くいないことも有り得ます

また、弁護士にもそれぞれ得意分野がありますので、自宅近くに事務所を構えている弁護士がいたとしても、相続問題に詳しくない場合も有り得ます。

そのような場合は、近隣の市町村までエリアを拡大して探した方が良いでしょう。

特に、盛岡市には、岩手弁護士会の会員が63名もいるため、たとえ自宅からは遠くなってしまっても盛岡市まで出てくれば良い弁護士が見つかる可能性が高くなり、相続争いの早期解決に結びつくでしょう。

地価の高い盛岡市や、釜石市、宮古市に一軒家を所有しているなど、相続問題が心配な場合は、お早めに弁護士を探してみることをお勧めします。