栃木県の相続問題に強い弁護士

全部で3件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人 ALG&Associates・宇都宮支部

    弁護士詳細情報はこちら
    全国に支店を持つ相続に強い弁護士法人です。
    • 遺言書作成サポート
    • 相続専門の事務所
    • 土日祝日対応可
    • 24時間対応可
    • 迅速対応
    • 初回相談無料

    相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。

    • 電話やメールについては24時間受付対応
    • 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス
    • 遺産分割協議をまとめるためのノウハウを熟知
    〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル9F

    JR宇都宮西口 徒歩5分

    栃木県
    [電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6190
    [電話受付] 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • アイゼン法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    遺言書作成から遺産分割協議まで、相続問題に幅広く対応しております。
    • セカンドオピニオン
    • 遺言書作成サポート
    • 女性スタッフ在籍
    • 司法書士と連携
    • 土日祝日対応可
    • 駅から徒歩5分

    弁護士は2名在籍しておりますが、専任担当制を取っていますので、ご相談から解決まで専任の弁護士が責任を持って担当致します。

    • 不動産鑑定士、税理士など他士業者と連携
    • 事前対策から、相続発生後の遺産分割、紛争解決にも尽力
    • 最新の法制度と照らし合わせ、最適な選択肢をご提供
    〒110-0005
    東京都台東区上野5丁目19番4号 美鈴ビル7階

    JR線「御徒町」駅下車徒歩5分
    JR線「上野駅」下車徒歩8分
    東京メトロ「仲御徒町」駅下車徒歩5分
    東京メトロ「上野広小路」駅下車徒歩8分
    京成線「京成上野」駅下車徒歩8分
    東京メトロ「上野御徒町」駅下車徒歩8分

    東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
    [電話受付]平日 9:00~17:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6906
    [電話受付] 平日 9:00~17:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 岡本政明法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    会社が関係する相続、高額な相続、不動産が関わる相続の解決実績が豊富です。
    • 生前贈与
    • 事業承継対策
    • 遺言書作成サポート
    • 大型案件の実績
    • 女性スタッフ在籍
    • 駅から徒歩1分

    高額な相続、不動産が関わる相続、法人が関係する相続問題の解決に多く携わってまいりました。交渉、調停、訴訟などにも自信があります。また、遺言書の作成などを含め、相続発生前からも的確に対応しています。ご依頼者様に寄り添った丁寧な対応をしておりますので、是非お問い合わせください。

    • 会社の関係する相続、高額な相続、不動産に関わる相続に関する実績と経験が多数
    • 遺言書の作成などを含め、相続が開始する前から的確な対策を取ることができる
    • 交渉、調停、訴訟(遺産分割、遺留分、遺言無効)に強く、多くの実績あり
    • 税理士や土地家屋調査士等と連携しているため、面倒な手続を安心して任せることができる
    〒160-0022
    東京都新宿区新宿1-9-3 NBK祭苑ビル4階

    東京メトロ丸の内線 「新宿御苑前駅」 より徒歩1分
    地下鉄都営新宿線 「新宿三丁目駅」 より徒歩8分

    東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
    [電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 12:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6916
    [電話受付] 平日 9:00~21:00 土日祝 12:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全3件中 1-3件

1.栃木の相続事情

北関東の3大県の1つである栃木県。地域ごとに異なる相続の特色は、栃木県ではどのような特徴があるのでしょうか?

栃木県の相続税発生件数は、平成26年度都道府県別相続税課税状況によると「732件」です。この件数は北関東の中では最も低い数字です。
ですが、関東は他地域よりも発生件数が多い場所のため、全国的に見れば平均よりもやや多い件数となっています。

また、相続税の納付税額は「約107億円」、相続1件あたりの納付税額が「約1,500万円」です。
発生件数では栃木県よりも群馬県のほうが多いのですが、納付税額では栃木県のほうが上回っています。

また、平成27年度の司法統計によると、家庭裁判所での遺産分割事件の総数は「163件」となっています。
この総数は北関東の中では最も低い数字なのですが、全国的には平均程度の件数です。関東の都市部の中では遺産分割事件が起きにくいと考えられますが、相続トラブルが起きる可能性は否定できません。

2.地価と相続の関係

相続額を決める大きなポイントとなっているのが地価です。相続する財産の中で高額になりやすいものが不動産だからこそ、相続トラブルの発生原因にもなってしまいます。では、栃木の地価はどのように変化しているのでしょうか。

2-1.地価の高い地域

栃木県で最も地価が高い地域は、宇都宮市の「約7万5,000円」です。続いて、下野市の「約4万3,000円」、小山市の「約4万3,000円」となっています。これらの地域は、納付税額が多い地域と重なっており、高額な相続が起きやすい地域といえます。

宇都宮市は県庁所在地として発展を続けており、商業施設や官庁などが建設されるなど、栃木県の中枢を担う地域です。
小山市は近年めざましく発展している地域で、現在では宇都宮市に次ぐ人口となっています。さらに、商業施設や工場などの建設も進んでおり、市内で働くことも可能になったことで、今後も人口増加が見込まれています。

下野市は宇都宮市へのアクセスがよく、通勤率も高い数字となっています。そのため、宇都宮市のベッドタウンとして機能していると考えられます。これらの地域は現在でも地価が高くなっていますが、今後も発展し人口が増えていく可能性が高い地域です。

つまり、今後も地価が上昇する地域であるといえるため、高額な遺産が相続されやすい地域として、相続トラブルには十分注意しなければいけません。

2-2.地価の低い地域

それでは、地価の低い地域がどのような特色があるのかも確かめてみましょう。地価の低い地域に共通しているのは、目立った産業がないことです。塩谷町や那珂川町は、都市部のベッドタウンとして役割はあるものの、自分たちの自治体では特徴的な産業が発展しておらず、全域が住宅地という役割が強くなっています。

そのため、企業などが広大な土地を求めることが少なく、新しく人口が増えることも考えにくいため、地価が低くなっているのだと考えられます。

一方で、地価が中位の地域は、さくら市や八坂市です。実は、こうした地域は地価こそ低いものの、納付税額が高額になっている地域なのです。
つまり、栃木県では地価による差はあっても、ほぼ全域で相続が発生するほどの高額な相続が起きていると考えられます。

栃木県の場合は地価が低いからといって相続トラブルが起きないとはいえません。不動産は分割できないため、何かともめやすい財産です。
相続トラブルが起きたときの対処や未然に防ぐための準備が、常に求められています。

3.富裕層の分布

相続額を大きく変えてしまう地価ですが、同じように所得の多さも重要なポイントとなります。そこで、栃木県内の所得状況から、富裕層の分布なども調べていきましょう。

栃木県内で所得が高い地域は、下野市で「約361万円」、宇都宮市で「約341万円」と地価の高さと共通しています。地価の高い場所で暮らすためには、当然ですがそれなりの所得がなければいけません。ですので、地価の高い栃木地域や宇都宮地域には富裕層が集まりやすいといえるでしょう。

そして、意外なのが県内3位の所得を誇る高根沢町です。高根沢町の所得は「約326万円」と高額になっています。実は、高根沢町には食品などの生産工場が多くあるだけでなく、企業の研究・開発を行う拠点を多く誘致しています。

また、県庁所在地の宇都宮市と隣接しており、約30%の方が宇都宮市へ通勤しているというデータがあります。つまり、中心街へのベットタウンとしても、拠点としても活躍しているため、高根沢町の所得は高額になっていると考えられます。

加えて、高根沢町は県内でも上位の地価の高さとなっています。そのため、高額な相続となる可能性が高く、トラブルを招きやすいでしょう。
富裕層が集まるこれらの地域では、相続トラブルが発生したとき、解決させる弁護士の力添えは必須なのかもしれません。

4.栃木県の弁護士事情

相続税が課されるほどの高額な相続が行われる場合、相続トラブルを招きやすいといわれています。そこで頼りになるのが、相続のトラブルを解決してくれる弁護士です。

4-1.弁護士は不足気味

2016年度のデータによると、栃木県内の弁護士数は「210名」、事業所数は「139ヶ所」となっています。この数字は、北関東の中では最も低い数字なのですが、全国的に見るとそこまで少ない訳ではありません。むしろ、平均よりも多い程です。

ただし、人口と照らし合わせてみると、弁護士数が11番目に少ない地域となっています。弁護士1人あたりの人口は「9,403人」、人口1万人に対して弁護士が「1.06名」と、不足気味であるということがわかります。

ですので、弁護士の力を借りて相続トラブルを解消するためには、早めの対応・対策が重要となります。相続と弁護士は切っても切れない深い結び付きがありますので、高額な相続となる可能性がある場合は、事前に弁護士を探しておくことが大切です。

4-2.東京の弁護士への依頼も検討の価値あり

栃木県にかぎらず、関東近辺の弁護士数は少なくなっています。何故かというと、東京の弁護士が集中して在籍しているからです。特に、関東地区は各所に交通網が発展しており、どんな手段でも手軽にアクセスが可能です。

そのため、東京の弁護士でも関東近辺ならば、対応範囲に含まれていることが多いのです。
また、対応できるのなら人が多く集まる東京で事業所を構えたいという弁護士が増えても不思議ではありません。

こうした背景から、東京の弁護士へ依頼して相続トラブルを解決するのも有効な選択肢の1つといえます。
ただ、栃木県の相続は地域差が大きく、地価や所得が低い地域でも高額な相続が行われる可能性があります。

ですので、こうした地域による特色をきちんと把握している栃木の弁護士へ依頼する方が、トラブルの際でも有利に遺産分割を進めることが可能でしょう。また、遺言や遺産分割協議など、裁判以外にも弁護士の力を借りる機会が多くあります。

特に、遺言書などは地域の特色を把握していることで、より自分の意思を反映したものを作成できます。被相続人として遺産分割をスムーズに行わせたい場合は、地元の弁護士と相談しながら遺言書の作成などを行い生前から準備を行っておきましょう。