栃木県の相続問題に強い弁護士

全部で2件の弁護士事務所が見つかりました
  • 栃木県・宇都宮市
    全国に事務所を持つ相続に強い弁護士法人です。
    • 初回相談無料
    • 24時間受付可
    • 土日祝日対応可
    • 迅速対応
    • 他士業との連携
    • 初回相談無料
    • 24時間受付可
    • 土日祝日対応可
    • 迅速対応
    • 他士業との連携

    相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。…

    • 電話やメールについては24時間受付対応
    • 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス
    • 遺産分割協議をまとめるためのノウハウを熟知
    〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り4丁目1−18 宇都宮大同生命ビル9F

    JR宇都宮西口 徒歩5分

    栃木県
    電話での受付はこちら
    050-5267-6190
    [電話受付] 平日 9:30~20:00
    土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 栃木県・宇都宮市
    当事務所には栃木県内最大規模の6名の弁護士が所属し、お客様からのご相談に日々全力で取り組んでいます。
    • 豊富な処理実績
    • 交渉力に自信
    • 事前対策
    • 士業ワンストップサービス
    • 他士業との連携
    • 円満解決
    • 豊富な処理実績
    • 交渉力に自信
    • 事前対策
    • 他士業との連携
    • 円満解決

    ストレスだらけの相続問題であっても円満に解決いたします。ご依頼者様の事情に応じて可能な限り柔軟に対応いたしますので、相続に関して少しでも疑問や不安をお持ちの方は、ぜひお問い合わせください。…

    • 遺産分割トラブルを防ぎ納得できる解決方法をご提案
    • 複雑な財産調査や計算にも対応可能
    • 税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、不動産業者等と連携
    栃木県宇都宮市城東1-3-20

    JR宇都宮駅東口より車で10分 ※駐車場あり

    栃木県
    電話での受付はこちら
    050-5268-7319
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全2件中 1-2件

栃木県の特徴

内閣府は「県民経済計算」という資料を作成していて、このなかで都道府県の経済力の指標となる「県内総生産」を算出しています。

栃木県は工業が盛んな自治体です。2018年の製造品出荷額は9兆2,333億円で、県内総生産額に占める製造業比率は39.7%でした。これは全国2位の高さです(*)。

栃木県には、自動車、航空、輸送用機械、医薬関連、医療関連の企業や工場や研究所などが集積しています。

*【出典】「とちぎの魅力・とちぎの立地環境」|企業立地に関するご案内

栃木県の裁判所

遺産分割協議がもめた場合などにお世話になる、栃木県の裁判所を紹介します。

裁判所名 所在地
宇都宮地方裁判所 栃木県宇都宮市小幡1-1-38
宇都宮家庭裁判所
宇都宮簡易裁判所
宇都宮地方裁判所 真岡支部 栃木県真岡市荒町5117-2
宇都宮家庭裁判所 真岡支部
真岡簡易裁判所
宇都宮地方裁判所 大田原支部 栃木県大田原市中央2-3-25
宇都宮家庭裁判所 大田原支部
大田原簡易裁判所
宇都宮地方裁判所 栃木支部 栃木県栃木市旭町16-31
宇都宮家庭裁判所 栃木支部
栃木簡易裁判所
宇都宮地方裁判所 足利支部 栃木県足利市丸山町621
宇都宮家庭裁判所 足利支部
足利簡易裁判所
小山簡易裁判所 栃木県小山市八幡町1-2-11

栃木県の地価

相続において、弁護士への相談が必要になるほど「もめる」ものの1つに、不動産があります。そして、相続で気になるものは、財産の中でも価値の高い土地の価格ではないでしょうか。

2021年の栃木県の地価公示から、地価の動向と、値上がり、または値下がりした土地を探ってみます(*2)。

数字はすべて2021年1月1日現在のものです。

【出典】「令和3年地価公示のあらまし」|栃木県

栃木県の住宅地、商業地、工業地の様子

土地の用途別の対前年平均変動率は以下のとおりです。

用途 対前年平均変動率
住宅地 -1.2%
商業地 -1.1%
工業地 -0.1%
全用途 -1.1%

住宅地、商業地、工業地のすべてで前年割れとなってしまいました。その結果、全用途でも前年より1.1%減少しています。

用途別にさらに詳しくみていきましょう。

住宅地の詳細

住宅地は1.2%減となりました。前年が0.8%減だったので、下落幅が広がってしまいました。

前年より上昇したのは唯一、0.1%増の宇都宮市だけでした。

減少幅が最も小さかったのは0.1%減の小山市で、下野市0.5%減、大田原市0.7%減と続きます。

下落幅が最も大きかったのは2.9%減の茂木町で、2.7%減の矢板市、2.7%減の那須烏山市2.4%減の益子町と続きます。

商業地の詳細

商業地は、1.1%減で、こちらも前年の0.5%減より下落幅が広がっています。

前年より上昇したのは宇都宮市だけで、0.2%増でした。

減少幅が最も小さかったのは0.4%減の小山市で、0.5%減の高根沢町、0.7%減の下野市と続きます。

減少幅が最も大きかったのは3.6%減の那須烏山市で、3.4%減の市貝町、3.3%減の茂木町、3.2%減の那珂川町と続きます。

工業地の詳細

工業地は0.1%減で、前年の0.3%増から、下落に転じてしまいました。

前年を上回ったのは、宇都宮市、鹿沼市、芳賀町、真岡市で、それ以外の市町村は前年割れです。

相続でもめそうと思ったら早めに弁護士にご相談を

土地を含む不動産は、相続のときにトラブルの元になりかねません。不動産は分割しにくいからです。

例えば相続人(財産を受け継ぎ人)が3人いて、相続財産が現金900万円だけだったとします。このとき生前の被相続人(財産を遺した人)は、3人に300万円ずつ遺そうと決めることができ、3人も納得できます。現金は、相続しやすい財産です。

しかし、相続財産が不動産の場合、これほどシンプルにはいきません。

例えば、異なる3つの地域に100坪ずつ土地があり、これが相続財産のすべてだったとします。このとき3人の相続人に100坪ずつ割り当てたら、納得しない人が出てくるはずです。なぜなら地域によって土地の価格はまったく異なるからです。宇都宮市の100坪と、小山市の100坪と、足利市の100坪では、価値が異なります。

では、相続人が3人いて、相続財産が住宅とその土地だけだったらどうでしょうか。住宅と土地を売ってそのお金を3人でわけることができればすぐに解決できますが、長男がその住宅に住んでいたらそのような解決方法は採りづらくなります。

「相続のときにトラブルになるかも」と思ったら弁護士に相談してみてください。相続に強い弁護士は、トラブルを回避する方法やトラブルの解決方法を熟知しています。

弁護士事務所は無料相談の機会を設けていことがあるので、それを利用してみてはいかがでしょうか。

栃木県の弁護士情報

栃木県には2021年7月現在、177人の弁護士がいて、地区別には次のような内訳になっています。

宇都宮市 129人
足利市 5人
栃木市 5人
佐野市 5人
日光市 1人
小山市 13人
真岡市 3人
大田原市 6人
矢板市 1人
那須塩原市 6人
さくら市 1人
下野市 2人
合計 177人

総数177人のうち7割以上の129人が宇都宮市にいて、一極集中状態です。

宇都宮市以外の栃木県民が弁護士に相続の相談をしようと思ったとき、弁護士を探すことから始めなければならないでしょう。地方の弁護士は少ないうえに、すべての弁護士が相続に詳しいわけではないからです。