大分県の相続問題に強い弁護士

全部で1件の弁護士事務所が見つかりました
  • 弁護士法人 ALG&Associates・福岡支部

    弁護士詳細情報はこちら
    全国に支店を持つ相続に強い弁護士法人です。
    • 初回相談無料
    • 24時間受付可
    • 相続専門の事務所
    • 土日祝日対応可
    • 迅速対応
    • 他士業との連携

    相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。

    • 電話やメールについては24時間受付対応
    • 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス
    • 遺産分割協議をまとめるためのノウハウを熟知
    〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡4F

    地下鉄空港線『天神駅』から16番出口より徒歩約3分
    『西鉄福岡(天神)駅』から徒歩約10分
    地下鉄七隈線『天神南駅』から5番出口より徒歩約3分

    福岡県、佐賀県、熊本県、大分県
    [電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6190
    [電話受付] 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全1件中 1-1件

大分県の相続はどのようになっているのでしょうか。

大分県は、九州の東部に位置しており、人口は約1,144,000人で(2018年4月現在)、全国で33番目に人口が多い都道府県です。

大野川や大分川を代表とする河川に恵まれた土地を活かした農業が盛んであり、中でも干し椎茸とかぼすは日本一の生産量を誇っています。

また、温泉の源泉数も日本一であり、別府温泉や由布院温泉は全国的にも知名度が高く大変人気がある名湯です。 温泉だけでなく、大分マリーンパレス水族館、サンリオキャラクターパークハーモニーランド、北九州自然公園アフリカンサファリ、城島高原パーク、高崎山自然動物園などたくさんの観光スポットがあり、毎年大勢の人々が訪れています。

このような大分県には、大分地方・家庭裁判所、大分地方・家庭裁判所杵築支部、大分地方・家庭裁判所佐伯支部、大分地方・家庭裁判所竹田支部、大分地方・家庭裁判所中津支部、大分地方・家庭裁判所日田支部などの裁判所があります。

大分県の平成27年の課税割合は3.84%で全国第38位と下位の方であり、全国平均である7.99%をはるかに下回っているため、相続争いは発生しにくい方の都道府県であると考えられます。

しかし、前年の平成26年の課税割合は、わずか1.86%でしかなかったため、1年間で約2.0%近くも増加しており、相続争いの件数は少ないながらも、その数はこの先増加の一途を辿るものと推測出来るでしょう。 その背景には、やはり平成27年に実施された大規模な税制改正があり、人口の多い大都市圏だけでなく、大分県のような地方都市にもその影響は大きく現れていることがわかります。

また、今までは相続というと、富裕層やいわゆる「お金持ち」だけの問題と思われていましたが、今やどのような層の家庭においても起こり得る身近な問題となったことを認識しておきましょう。 相続問題が、万が一相続争いにまで発展してしまった場合は、上記の裁判所に遺産相続調停の申し立てをすることになります。

地価と富裕層

次に、大分県の地価と富裕層の状況を見てみましょう。

大分県で最も地価が高いのは、県庁所在地である大分市です。 大分市の中でも、金池は、大分駅からほど近い立地の良さから、高級マンションが立ち並び、裕福な家庭に好まれている地域です。 金池小学校や、病院なども近いため、子供のいる世帯に人気があります。

また、中島中央や中島西などの中島地区は、大分市役所や繁華街から徒歩圏内でありながらも、閑静な住宅が連なる高級住宅地として知られています。

その他では、別府市や由布市の地価が高めとなっています。 どちらの市も、温泉が有名で、観光地として人気が高いため地価が高いものと考えられます。

別府市では、荘園町の周辺は、緑が多く、自然に囲まれた静かな環境で暮らしたいという富裕層に需要があり、広々とした邸宅が多く見られます。

由布市は、大分県の中央部に位置しているという利便性から、大分市のベッドタウンとしての側面があるため、地価が高めとなっていると推測されます。

もし、大分市に一軒家や分譲マンションなどの物件を所有していたり、別府市や由布市の持ち家で暮らしているような場合、相続税が発生する可能性は高くなるでしょう。

それ以外の市町村では、特に地価が高い地域はないため、相続に関する心配はそこまでする必要はないかもしれません。

しかし、相続は誰にとっても起こり得る身近な問題となった現在では、どのような層の家庭においても相続に関する注意をしておくに越したことはありません。 お金の絡む問題になると、残念ながら人は変わってしまうもので、少額の遺産であっても相続争いというものは起きてしまうものだからです。

大分県の弁護士事情

それでは、大分県の弁護士事情はどうなっているのでしょうか。

大分県には、大分市に大分県弁護士会があり、その会員数は156名(2016年10月現在)となっています。

また、杵築市、国東町、日出町、竹田市、豊後大野市、佐伯市、日田市、中津市、豊後高田市、津久見市に法律相談センターを設けています。

このように、大分県弁護士会は各地を手広くフォローしており、弁護士探しに苦労することはあまりないかと思います。

しかし、お住まいの市町村によっては、自宅近くに弁護士が全くいないことも充分ありえますし、いたとしても、その弁護士が相続問題を得意としているとは限りません。

弁護士にも得意分野、不得意分野があるものです。 そのような場合は、自宅近くという条件に拘らず、エリアを拡大して探すべきでしょう。

特に、大分県弁護士会の本部のある大分市まで足を伸ばせば、良い弁護士が見つかる可能性は格段に高くなります。 相続争いの解決には、相続問題に強い弁護士に依頼するのが一番の近道なのです。 地価の高い大分市や、別府市、由布市に一軒家を所有しているなど、相続問題が心配な場合は、お早めに弁護士を探してみることをお勧めします。