京都府の相続問題に強い弁護士

全部で5件の弁護士事務所が見つかりました
  • 宇治こはな1

    弁護士法人 宇治こはな法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    難解な案件も粘り強い交渉で解決を目指します
    • 初回相談無料
    • 駅から徒歩2分
    • 土日祝日対応可
    • 営業時間外対応可
    • 出張対応可
    • アットホームな雰囲気

    遺産相続のご相談の中でも遺産分割協議における紛争解決や、他の相続人との交渉、さらには不動産相続の各種手続きなどに力を入れており、これまでも多くの事案を解決まで導いてきました。

    • 「粘り強い交渉力」で根気よく他の相続人と交渉
    • 相手の相続人からもある程度の信用や信頼を獲得
    • 不動産相続のご相談にも対応
    〒611-0031 京都府宇治市広野町西裏54-17 扇ビル3階 

    近鉄大久保駅 徒歩2分

    京都府
    [電話受付]平日 9:00~22:00 土曜 10:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6172
    [電話受付] 平日 9:00~22:00 土曜 10:00~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 京都楓法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    相続に関する知識については人一倍研鑽を重ねており、年間30件以上、相談ベースであれば年100件以上の相続問題を承ってきた実績がございます。
    • 初回相談無料
    • セカンドオピニオン
    • 大型案件の実績
    • 豊富な処理実績
    • 税理士と連携
    • 司法書士と連携

    年間30件以上の相続関連のご依頼を受任し、解決に結びつけております。個別のケースに合わせて、具体的な事例や計算例を織り交ぜたわかりやすい説明を心掛けておりますので、特に「わかりやすく説明してくれるところが良い」とお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

    • 知識・実務経験ともに豊富な弁護士が迅速に対応
    • 全てに納得いただいたうえで、ご依頼者様の利益に敵う最適な解決方法をご提案
    • 正当な遺産分割のため、交渉・調停共に最大限の努力で解決
    京都府京都市中京区下丸屋町403 FISビル305

    京都市役所前駅徒歩1分

    京都府
    [電話受付]平日 9:30~21:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6186
    [電話受付] 平日 9:30~21:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 都総合法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    地主の、地主による、地主のための相続サービスを提供します。
    • セカンドオピニオン
    • 事前対策
    • 士業ワンストップサービス
    • 不動産会社と連携
    • 女性スタッフ在籍
    • 土日祝日対応可

    私自身が不動産を所有運用する地主であり、関連資格も保有しているため、不動産を含む相続には絶対の自信があります。 不動産が絡む相続でお困りの方は、ぜひご相談ください。

    • 「LINE」「Skype」「WeChat」を活用し、24時間相談受付中
    • 不動産の運用経験により、不動産が絡む相続に絶対の自信
    • 国際相続(特にフィリピン)に関しても多数実績あり
    〒600-8491

    京都府京都市下京区鶏鉾町480番地 オフィス-ワン四条烏丸802

    地下鉄 四条駅 / 阪急 烏丸駅からすぐ。

    京都府
    [電話受付]毎日 24時間対応
    電話での受付はこちら
    050-5267-6937
    [電話受付] 毎日 24時間対応

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 神戸香風法律事務所

    弁護士詳細情報はこちら
    裁判所で家事調停官をしていた経験のある弁護士と、その妻である女性弁護士が在籍している事務所です。
    • 成功報酬制
    • 豊富な処理実績
    • 交渉力に自信
    • 女性スタッフ在籍
    • 不動産会社と連携
    • 土日祝日対応可

    「皆幸福になれたらいい」というポリシーのもと、弁護士として法的知識を交えながら「どうすればご希望に沿えるか?」を考えていきます。全員が納得して円満に解決するための努力は惜しみません。ご相談者様のお気持ちを大切にいたしますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

    • 家事調停官の経験・視点を生かし、迅速で納得のいく解決が可能
    • 問題解決の過程でもご満足いただけるよう、誠心誠意ご対応
    • 司法書士、税理士、不動産会社と連携した利便性の高いワンストップサービス
    〒650-0015

    兵庫県神戸市中央区多聞通2丁目4番4号 ブックローン神戸ビル西館6階A室

    JR神戸駅 徒歩2分
    高速神戸駅 徒歩3分

    兵庫県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県
    [電話受付]平日 9:30~17:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6896
    [電話受付] 平日 9:30~17:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 弁護士法人 ALG&Associates・大阪支部

    弁護士詳細情報はこちら
    全国に支店を持つ相続に強い弁護士法人です。
    • 初回相談無料
    • 24時間受付可
    • 相続専門の事務所
    • 土日祝日対応可
    • 迅速対応
    • 他士業との連携

    相続の事前対策と、相続発生後の遺産分割の両面から、親身にサポート致します。

    • 電話やメールについては24時間受付対応
    • 「顧客満足度」を意識したリーガルサービス
    • 遺産分割協議をまとめるためのノウハウを熟知
    〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビルディング6F(受付)・8F

    JR『大阪駅』 中央口・東口(阪急梅田本店出口側)から徒歩6分
    地下鉄谷町線『東梅田駅』 ⑦番出口から徒歩3分
    阪急線、阪神線、地下鉄各線『梅田駅』から徒歩5分
    東西線『北新地駅』から徒歩3分
    地下鉄四つ橋線『西梅田駅』から徒歩3分

    大阪府、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県
    [電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
    電話での受付はこちら
    050-5267-6190
    [電話受付] 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30

    【24時間受付】メール相談はこちら

全5件中 1-5件

1.京都府の相続の状況

古くから日本の都として発展している京都府には歴史的な建造物も多く、先人が作り上げたものをとても大切にしています。ですので、自宅やお店などを代々受け継ぐことが一般的なイメージがあります。
では、京都の相続状況は実際どのようになっているのでしょうか?

平成26年度の京都全体の相続件数は「1427件」、1人辺りの納付税額は「約2,000万円」となっています。数字だけ見ると多いように見えるのですが、実際にはどちらも平均より少し多いという程度の数字です。つまり、相続件数や納付税額においては、ほぼ平均的といえるでしょう。

そして、さすが京都ともいえるのが「課税割合」です。課税割合は、1年間に亡くなった方の中で、どれくらいの方に相続税が発生しているかを示した割合です。京都の課税割合は「5.59%」で、全国4位の多さとなっています。
発生件数は人口の多さによって増減してしまいますが、課税割合は人口などにかかわらず相続税の発生しやすさを表しています。なので、京都は他の地域と比べても、相続税が発生しやすい地域といえるのです。

京都相続

2.京都で地価の高い場所

相続税の大半を占めるのは、土地の価格である「地価」です。地価が高いほど、土地相続に必要な相続税も増額してしまうからです。そこで、京都の地価事情を見ていきましょう。

2-1.最も地価が高いのは京都市中京区!

地価はほとんどの地域で県庁所在地が最も高額になるという特徴があります。京都府も同じように最も地価が高いのは、県庁所在地である「京都市」です。交通、教育、ビジネスといった、都市機能の全てが集まる中心地となるため、京都府内では最も地価の高い地価となっています。

そして、京都市内をクローズアップして見ていくと、「中京区」の地価が最も高額になっています。中京区は、二条城や本能寺が建っていたり、祇園祭が開かれたりするなど、市内有数の観光地として人気を集めている地域です。そのため、京都というイメージに最も近く、京都で生活したい人も多く集まり年々人口が増えています。その結果、地価も上昇しているのだといわれています。

2-2.京都市以外の地価動向

京都市以外を見てみると、「長岡京市」が京都府内で2番目に地価の高い地域となります。長岡京市は、京都市の隣に位置しており、大阪府とも隣接した都市です。ですので、大阪府や京都市へのアクセスが良く、ベットタウンのようになっているのかもしれません。2000年頃から都市の再開発も始まっており、住宅地や商業地が続々と増えていることから、地価も高くなっているそうです。
長岡京市に次いで多いのが「日向市」です。日向市は京都府内で3番目に狭い都市なのですが、京都市と長岡京市と隣接しています。つまり、府内の経済の中心部である2つの地域へのアクセスの良さが人気の地域となっています。

また、主要部へのアクセスの良さから、「オムロン」などの有名企業の本社が構えられています。ベッドダウンとしてもメインタウンとしても機能している、非常に生活しやすい地域のため、地価も高くなっているといえるでしょう。

3.京都府は富裕層が多い?

京都府で暮らしている人のイメージというと、優雅で先祖代々の自宅に住んでいるという、お金に余裕のある人が多い印象を抱いていると思います。では、実際に京都には富裕層が多いのでしょうか?

3-1.京都府の所得状況

富裕層が多いか分かりやすいのは、年間所得です。いわゆる年収ですが、この金額によって生活している方の経済状況が判断できます。全国から見て高所得になっていれば、京都府には富裕層が多いといえるでしょう。

平成28年のデータによると、京都府の平均は「約494万円」で、全国で6位という非常に高額な所得です。さらに、年度によって大きな増減もありませんので、安定して所得が多い地域といえます。ですので、京都府は全国的に見ると、富裕層が集まっている地域と考えられます。

また、職業にも特徴があり、宿泊施設や観光バスの運転手、調理師などが多くなっています。京都のイメージと合う職業も多いかもしれませんが、意外な職業に就いている方も多いです。ですので、固定給のサラリーマンだけでなく、旅館や料亭などを営む自営業者が多いため、他の地域よりも所得が高額になっているといえます。

3-2.市町村別の所得状況

続いて、注目するのが市町村別のデータです。県庁所在地である京都市が、所得が最も多い地域…ではありません。実は、「精華町」という聞きなれない地域の所得が最も高額となっています。精華町には「NTT」「パナソニック」「京セラ」といった、日本でも有数の大企業の研究施設が立ち並んでいます。

さらに、行政独立法人の研究機関もあり、こうしたところへ勤めている方が多いため、京都府内での年間所得が最も多い地域となっていると考えられます。また、精華町は、近畿地方の経済を担う京都、大阪、奈良、の3つの地域へのアクセスが良い地域としても知られています。
そのため、京都よりも大阪のベッドタウンとしての機能が強く現れており、高額な所得を受けとっている大阪のビジネスマンが増加しているそうです。つまり、精華町のようは他地域へのアクセスが良い地域で生活している方は、こうした背景から富裕層が多いといえます。

精華町の他に、「京田辺市」「木津町」「宇治市」なども所得が多い地域となっており、どの地域の年間所得も京都市を超えている、あるいは同等です。そして、精華町と同じように、これらの市町村も大阪や奈良へのアクセウが便利な地域となっています。
県庁所在地以外の意外な地域に富裕層が多いのが、京都ならではの特徴なのです。

4.京都府の弁護士数

さて、京都府全体を見ても富裕層が多いことが分かりましたが、所得が多いことが良いことばかりとは限りません。所得が多い富裕層こそ、遺産相続で揉めてしまうことが多いからです。
では、京都の弁護士は多いのでしょうか?

4-1.相続の弁護士需要は多い!

平成27年の統計によると、京都府で遺産分割協議が行われた件数は「331件」です。実は、この件数自体はそこまで多いわけではありません。ですが、課税発生件数と遺産分割協議の割合を見ると、「約4件に1件」という非常に多い割合で協議が行われていることが分かります。

また、富裕層が多い郊外の地域も要注意です。この地域で暮らしている方は、県外から引っ越してきた方が多く、その大半がビジネスマンです。相続が身近でない方が多く、残される財産が高額になりやすいため、相続のトラブルがより起きやすいと考えられます。

さらに、京都では長い歴史を持つ老舗も多くあります。家督争いとまではいえませんが、相続する自宅や財産が高額になりやすいともいわれています。ですので、遺産相続の差異に弁護士の力を借りる機会も多くなり、その需要も高いでしょう。

4-2.京都府の弁護士数は少ない…?

相続のトラブルが起こりやすい京都府で、強い味方となってくれるのが「弁護士」です。データによると、京都に在籍している弁護士の数は「731人」、事務所数は「356ヶ所」となっています。数字だけ見ると少なく感じますが、人口と比較してみると、全国で3番目に弁護士が多い地域なのです。

そのため、京都府は他県と比べると弁護士が比較的多い地域といえます。京都は相続の発生割合が多いことや、他事件での一件あたりの被害額が高額になりやすいことから弁護士が多く集まっているのかもしれません。

ただし、多いといっても人口1万人あたりの弁護士数は「2.8人」と少ないです。ですので、遺産分割協議が必要になったとしても、すぐに依頼できない可能性があるのです。特に、遺産相続に強い弁護士、というように絞るとさらに少なくなることも予想されます。

よって、協議が始まる前から相続に強い弁護士を探しておき、相談へ行くことが大切です。
京都での相続はお金だけでなく、お店や伝統を受け継ぐことにもなります。単に経済的に得するだけはあなたにとってプラスとならないこともありますので、あなたのことを第一に考えてくれる弁護士を見つけることが大切なのです。

そして、兄弟や親戚で争う場合、相手方も弁護士を用意することもあります。優秀な弁護士を味方にして協議を有利に進めるためにも、前もってしっかり準備しておくことが重要です。遺産相続は生前から始まっています!