遺産相続、遺産分割協議、生前贈与、相続税、遺言書、弁護士無料相談活用など役立つ情報を発信します

  • Facebook
  • twitter

遺産相続弁護士カフェ

全国の地域密着型の有力な相続弁護士を紹介するサイトです。

遺産相続に関する弁護士紹介ポータルサイト
遺産相続での弁護士への相談方法や、遺産相続トラブル対処法、遺言書の書き方、遺留分、相続放棄、成年後見制度に関連する重要なコンテンツが満載。
 
遺産分割・相続放棄・遺言・遺留分 弁護士相談ご案内

相続弁護士サイト案内

具体的に弁護士に相談したい

遺産分割、遺言書作成、相続放棄、遺留分減殺請求、その他の相続遺産トラブル関して弁護士に相談したい方はこちらからどうぞ

弁護士について知りたい

弁護士について知りたい方、弁護士に相談するのが不安な方、弁護士に相談したいけどどうしたら良いかわからない方、そんな方のために弁護士に関する情報をまとめています。

遺産分割トラブル

なぜ遺産分割トラブルが起こるのか、どういう人にトラブルが起こりやすいのか、どうやって解決すれば良いのかを、遺産分割トラブルの実例をもとに詳しく解説しています。

相続放棄

相続放棄とは何か?相続放棄の具体的な手続き方法、期限、メリット/デメリットなど。遺産の中に借金がある場合は必見です。

遺言

遺言の種類、書き方、効果などについて。遺言書を書きたい人、親が遺言を書く人は必見です。
遺言書を誤って書くとさらにトラブルの元になりますので、方式や内容を間違えずに書く必要があります。

遺留分減殺請求

遺留分とは、遺留分減殺請求とは何か?遺言書が不条理な内容だったらどうすれば良いのかなど。
遺言書の内容に納得いかない方はご一読ください。

相続に強い弁護士とは?

弁護士が扱う分野には、交通事故、債務整理、離婚問題など様々な分野がありますが、それぞれ専門性が高いため得意・不得意があります。「相続に強い弁護士」とは、特に遺産相続問題、遺産分割トラブルに対する経験や知識が豊富で、依頼主の悩みを解決する力のある弁護士のことです。

当サイトではその「遺産相続に強い弁護士」に特化して、都道府県別に全国の弁護士事務所を掲載しています。

【参考】遺産相続に強い弁護士とは?9つの選び方のポイント

相続専門弁護士によって遺産を分けることの「事前対策」や遺言書の作成を依頼する場合は、「将来」遺産相続が発生した際の遺産分割や遺言執行についてもお願いする可能性がありますので長い目で見ながら、遺産分割調停に強い弁護士選びを行いましょう

遺産相続の何を無料相談すればいいの?

巷では遺産相続に関する話題が絶賛沸騰中ですが、弁護士に遺産相続を無料相談(事務所によっては有料)するとしたら何を相談すればよいのでしょうか?弁護士の相続関連の業務内容と相談できることを簡単に解説します。

1.遺言書の作成

自分の死後に遺産をめぐって兄弟姉妹で争って欲しくないと思ったときは、弁護士に相談しましょう。適切な遺言書を作成することで遺産分割のトラブルを未然に回避することができます。

では遺言の作成を弁護士に依頼するとどんなメリットがあるのでしょうか?

メリット1:確実な遺言を作成できる

遺言は法律にその様式などが規定されているため、たとえば署名がなかったり、直筆ではなかったりすると遺言が無効となってしまいます。相続に強い弁護士が最終的に確認することで無効となるリスクを回避することができます。

メリット2:遺言書の文案を作成してくれる

遺言書を書くといってもそう簡単に書けるものではありません。遺言書は手紙とは違い、表現の正確性が求められるため、一般の方が直接文案を考えるととても大変です。弁護士に相談すれば、自分の思い描く分割方法を口頭で弁護士に告げるだけで、あとは弁護士が適切な文案を作成してくれます。

メリット3:遺産分割案をアドバイスしてくれる

遺言書は自分の思い描くままに自由に書く事ができますが、それだけでは相続人の遺留分を侵害してしまう恐れ(遺留分の侵害については下記ページが詳しいです)があるため、場合によってはそれを書いたことで遺留分減殺請求などの争いごとが勃発してしまう恐れもあります。遺産分割調停の場でもトラブルがおきます。

まずは弁護士に自分の希望する遺産分割案を伝えた上で、それを法的に見た場合、遺留分を侵害しているのか、また侵害しているとしたらどのような対処法があるのかなど、具体的な解決策を提示してくれます。

2.遺言の執行

弁護士は遺言書の作成だけでなく遺言の執行においても活躍します。せっかく遺言書を書いても、遺言どおりに遺産分割が行われない可能性もあります(相続人が必ず遺言に従う義務はありません)。

将来の相続人に信頼できる人がいない、あるいは不安という場合、遺言執行人(遺言通りに財産を管理・分割する人)を遺言書で指定しておけば、その遺言執行人が遺言どおりに遺産分割を行います。第三者で法律のプロでもある弁護士を遺言執行人として指定しておけば安心です。

3.遺産相続/遺産分割

弁護士への無料相談というと、「遺産相続が紛争化したら相談に行く」と認識している人が多いようですが、実は、「遺産相続が紛争しないために」早めに相談するのが正しいと言えます。

遺産分割は一度紛争化してしまうと、解決までに何年もかかってしまうことも少なくないため、まずは紛争化しないよう、早い段階で弁護士に相談して、遺産分割協議を進行してもらうのが一番良いでしょう。

なお、遺産相続が発生して次のような状況が発生した場合は、特に注意が必要なため早めに遺産相続に強い弁護士に相談しましょう。

紛争化の恐れがあるケース1:相続財産が不動産だけの場合

「うちは遺産なんてほとんどないから、争いなんて起きないよ」なんてことを言う人がいますが、その考えは甘すぎます。
事実、遺産相続で揉めるケースというのは、相続財産の規模に比例しません。むしろ、相続財産が少ないほうが、その限られた財産をめぐって親族間で奪い合いが発生しています。特に、財産が自宅などの不動産しかないような場合は、その分割方法をめぐって争いごとが起こる可能性が高いので、できる限り早めに弁護士に相談しましょう。

紛争化の恐れがあるケース2:遺留分を侵害する遺言書が見つかった場合

遺言書は本来紛争を防止するためのものですが、たとえば「すべての財産を長男に相続させる」といったような一方的に偏った内容の遺言書が見つかった場合は、遺留分を侵害された法定相続人から遺留分減殺請求をされる可能性があります。

このような場合は、早い段階でひとまず弁護士に相談し、依頼して弁護士が介入することで、親族関係がこじれるのを防ぐことができます。

4.相続放棄

遺産相続はプラスの財産ばかりとは限りません。被相続人が残したローンなどの借金も相続人が相続しなければなりません。
そのため、現預金や不動産などのプラスの財産から借金などのマイナスの財産を差し引いてもなおマイナスとなるような債務超過の場合は、相続放棄を検討しなければなりません。

ただし、安易に相続放棄をすると、自宅が被相続人名義の場合、自宅を手放さなければならなくなってしまいます。そのため、相続放棄するかどうかという問題は、単純な足し算引き算の問題ではなく、どのような財産が相続財産に含まれているのかをよく確認した上で決断しなければなりません。

相続に強い弁護士に相談すれば、相続放棄の手続きはもちろんですが、相続放棄すべきかどうかという点についても丁寧にアドバイスしてくれます。

5.遺留分減殺請求

相続人には最低限もらう権利のある遺留分があります。たとえば、遺言で「長男に全財産を相続させる」と書いてあった場合、他の兄弟の分が奪われること(遺留分の侵害)になりますので、この場合、他の兄弟は長男に対して遺留分減殺請求をして、遺留分の金額だけ渡すように請求できます。

遺留分減殺請求は、相続人がその意思を表明すれば成立しますが、相手が簡単に財産を渡してくれるとは限りません。遺留分を巡って大きなトラブルに発展することもあります。法律的な知識や経験がない中で、互いに主張し合うと泥沼の事態に陥ります。この場合、弁護士に相談することが解決への早道です。

遺産相続トラブルに関して弁護士ができる10のこと

【遺産相続の事前対策として弁護士ができること】

1:遺言書の作成
2:成年後見の申立て手続き
3:死後事務委任契約
4:財産管理契約
5:見守り契約

【遺産相続発生後に弁護士ができること】

6:遺産分割協議の代理交渉
7:遺言書の執行
8:遺産分割協議書の作成
9:遺産分割調停および裁判
10:相続放棄、限定承認

これら以外にも弁護士は相続人の代理人となることができ、基本的に相続関連のすべての手続きについて本人に代理して手続きを進めることが可能です。