弁護士法人KTG・浦和法律事務所について

丁寧で安心、かつ迅速なサービスを提供することで地元の方々の信頼を得ている地域密着型の事務所です。
ご相談者様が何を悩み、どのような解決をお望みなのかというご意向に沿った解決策を模索し、ご依頼者様の利益を最優先することを考慮した上で解決いたします。

対応分野

  • 遺言作成
  • 遺産分割協議
  • 遺留分侵害額請求
  • 遺産分割の調停/訴訟
  • 相続財産の調査
  • 相続人の調査
  • 相続放棄
  • 遺言執行者の就任
  • 不動産相続
  • 事業承継

費用

初回相談無料(30分)

私たちに依頼するメリット

  • 周辺地域に根差した地域密着型の事務所
  • 様々な資格保有者が連携し相続問題を一貫サポート
  • オンライン面談・土日祝や夜間の相談にも柔軟に対応

KTGグループは、弁護士、司法書士をはじめ、社会保険労務士、税理士、土地家屋調査士、宅地建物取引士、行政書士などの様々な資格保有者が在籍している専門家集団です。各士業で案件を共有し、連携を図ることにより、「困ったことがあればKTGに相談すれば安心」とご依頼者様に思っていただけるワンストップサービスを提供しています。

弁護士法人KTG 浦和法律事務所には、現在女性弁護士を含む7名の弁護士が在籍する他、女性スタッフも数多く所属しており、毎日アットホームな雰囲気の中で業務を行なっています。

▼このようなお困りごとがあれば、お気軽にご相談ください
「相続人が何人いるか、相続財産がどれくらいあるか分からない」
「疎遠な相続人がいて、遺産分割協議がうまく進まない」
「他の相続人が相続財産を開示してくれない」
「遺産の分割方法について意見が食い違っている」
「相続財産に不動産が含まれており分割が難しい」
「他の相続人による相続財産の使い込みが判明した」
「生前贈与や遺言書作成など相続対策を行ないたい」
「相続人がもめないよう、遺言執行をお願いしたい」
「認知症になってしまった親の財産をどうすればいいか相談したい」

上記のような相続にまつわるお悩みがある方は、当事務所にご相談ください。

弁護士法人KTG・浦和法律事務所の特徴

浦和に根差した地域密着型の法律事務所

当事務所は、浦和やその周辺地域に在住する方々にとって身近な専門家集団として、お一人でも多くの方の法律問題を解決したいと考えています。

そのために、当事務所では、丁寧で安心、かつ迅速なサービスを提供することで、地元や周辺地域の皆様方が幸せに生きられるようサポートしていくことを目指しています。

ご相談しやすい環境

初回相談30分無料・完全個室での相談

ご相談者様が安心してご相談できるよう、当事務所では初回のご相談は30分無料とさせていただいています。

また、平日は20時30分まで、土日祝は19時まで営業しているため、平日や日中は時間が取れないという方も安心してご相談いただけます。

オンライン相談可

当事務所では、LINEビデオ通話やZoom、FaceTimeなどオンラインツールを利用した相談にも対応しています。遠方にお住まいの方やご来所が難しい方でも柔軟に対応いたします。詳しくは当事務所までお問い合わせください。

弁護士法人KTGに相続問題をご依頼いただくメリット

遺産分割協議に強い

遺産分割協議は、遺産の分け方や評価方法などについて相続人全員の合意が得ることが難しいため、紛争に発展しやすい相続手続の1つです。相続をきっかけに親族に対する積年の感情が一気に噴出してしまい、トラブルに発展してしまうケースが多くなっています。

当事務所では、こうした遺産分割協議におけるトラブルに精通しています。ご依頼者様や他の相続人の感情の縺れを一つ一つ丁寧に解きほぐし、解決へと繋げていきます。

もっとも、当事者間での話し合いが困難な場合など、早期の解決を図るために、調停に持ち込んでしまったほうがいいケースもあります。
こうした場合には、相談のうえ調停を申し立て、早期の解決へと結びつけてまいります。

遺留分侵害額請求に強い

被相続人の遺言書があると、遺産分割協議が不要になる代わりに、遺留分の侵害が問題となることがあります。

遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に認められる最低限の遺産に対する取得割合です。
遺留分の権利を有する相続人は、自分で遺留分を侵害した者に対して請求することができます。請求された受遺者・受贈者は遺留分相当の金銭を支払わなければならず、拒否することはできません。

しかし、請求した側も請求された側も法律には明るくないことが通常です。さらに、相続人ご自身が遺留分を民法に則って計算するのは困難が伴います。
そのため、遺留分の請求が拒否されてしまったり、遺留分の額で合意できなかったりと、当事者同士では揉め事に発展しがちです。

また、遺留分の請求には、相続開始と遺留分侵害を知ったときから1年という消滅時効があるため、早急に対応する必要があります。

遺留分侵害額請求を弁護士に依頼すると、消滅時効完成前に迅速な対応ができるうえに、法律上正確な遺留分の計算ができるといったメリットがあります。

他士業との連携によるワンストップサービスの提供

遺産に不動産が含まれていると、相続不動産の相続登記が必要となります。
また、相続税がかかる場合にはこれを申告する必要があります。

KTGグループは、弁護士のみならず、司法書士、税理士等多数の士業が在籍しているため、相続登記や相続税申告といった問題にも、ワンストップで適切かつ迅速に対応することができます。

本来であれば各士業がそれぞれ委任を受けて行なう手続についても、当事務所にご依頼いただければ、一度ご説明いただくだけで手続を進めることが可能ですので、新たに司法書士や税理士を探す手間も省けて、ご依頼者様の負担を軽減することができます。

さらに、案件処理に必要な資料の共有等により、経費を最大限にカットできるため、個別にご依頼いただくよりも安価にサービスを提供できるといったメリットがあります。

豊富な解決事例

ご相談者様のお悩みを解決するため、経験豊富な弁護士が誠心誠意サポートいたします。

もちろん、以下の案件以外にも、相続に関するお悩みは幅広く対応が可能です。

ご相談者様が他の相続人の数、相続財産の総額を把握されていなかった事例

ご相談者様は遺産分割協議を進めようとしておりましたが、遺産をほとんど把握されていなかったため、相続財産の調査も含め弊所にご相談いただきました。

幣所において、被相続人の遺産を調査したところ、相談者様が認識していなかった預貯金の存在が判明しました。

その後、調査結果を踏まえ、裁判所に遺産分割調停を申し立てたところ、相談者様が調査の結果判明した預貯金を取得するといった内容での解決に至りました

相続人の一人が遺産を使い込んでいた事例

ご相談者様は、被相続人と同居していた他の相続人が、被相続人の預貯金を勝手に引き出す・遺産を勝手に売却してしまうといった「遺産の使い込み」を行っていたため、弊所までご相談いただきました。

弊所において、金融機関に照会を行った結果、他の相続人による使途不明金の引き出しが判明いたしました。この証拠をもって遺産の使い込みをした相続人と粘り強く交渉した結果、ご相談者様が使い込まれた遺産以外の相続財産の大部分を相続するとの合意を締結することができました

遺産の使い込みが疑われる事案で疑義を持たれた相続人は非協力的なケースが大半です。したがって、当事者間での話合いで解決するのは困難です。

また、遺産の使い込みは証拠集めが難しいうえ、手続きも煩雑です。そのため、遺産の使い込みに関する話し合いに非協力的な相続人がいる場合は迷わず弁護士にご相談ください。

弁護士であれば、当該相続人に対して訴訟を視野に交渉することができます。

弁護士法人KTGからメッセージ

▼当事務所は、浦和やその近隣に在住の方々のお役に立つ、地域に根差した事務所を目指しています

相続の手続きは、相続人と相続財産を正しく把握することが必要不可欠となっております。しかし、家族構成が複雑な場合や、他の相続人が遺産の開示に応じない場合など、手続きが複雑で困難になってしまうケースも多くございます。

また、「争続」という言葉があるほど、他の相続人との相続トラブルは深刻化するケースが非常に多くなっています。円満な解決ができるよう、相続でお悩みの方は、是非一度当事務所にご相談ください。全力で皆さまの幸せのサポートをさせていただきます。

弁護士法人KTG・浦和法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 浦和事務所責任者 安田 和男 (やすだ かずお) 埼玉弁護士会 No.57893
住所 〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町11-1 ステラ浦和4階
対応エリア 埼玉県
アクセス

JR京浜東北・根岸線 浦和駅東口から徒歩30秒

本店・支店案内
本店・支店案内
電話での受付はこちら
050-5447-7902
[電話受付] 平日 9:30~20:30 土曜 12:00~17:00

【24時間】メールでの受付はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:30~20:30
土曜 12:00~17:00
日曜 10:30~19:00
祝日 定休日 ※日曜は除く
定休日 なし
対応エリア 埼玉県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な事務所があります。詳しくはお問い合わせの際にご確認ください。

よくある質問

相続に強い弁護士に依頼するメリットは?

相続人同士でもめてしまうと感情的になってしまい、なかなか話し合いが進みません。そのような時は、第三者である弁護士に間に入ってもらうことで、論理的に事を進められる可能性が高まります。特に相続分野では、相続や各種財産に対する専門的知識が必要であり、かつ、関係者の感情に配慮しながらトラブルを解決する能力も必要ですので、相続案件の経験な豊富な弁護士に依頼することで、早期に解決する可能性が高くなります。

遺産分割で弁護士にどんなことを依頼できますか?

遺産分割において弁護士が果たす役割はいろいろあります。相続人の調査、相続財産の調査に始まり、遺産分割協議書の作成や、遺産分割調停・訴訟などの対応も可能です。遺産分割協議に代理人として出席することも可能です。