相続分計算ツール

相続分計算ツール

「1.相続財産の情報」を入力し、「2.法定相続人の情報」をお選びください。
その後の選択肢が表示されますので必要に応じて人数を選び、最後に亡くなった方との関係を選ぶと、法定相続分と相続額を計算できます。
相続分計算ツールの詳しい使い方はこちら

1.相続財産の情報
遺産額 万円
2.法定相続人の情報
被相続人の配偶者

 

相続分計算ツールの使い方と用語解説

以下では、この相続分計算ツールの使い方と、用語の解説をします。

相続財産の情報

遺産額を入力します。
正確な遺産額が分からなくても、大体の金額を入れば計算できます。

法定相続人の情報

被相続人の配偶者

亡くなられた方に相続時点で配偶者がいらっしゃるかを選んでください。
選択すると次の選択肢「法定相続人(配偶者以外)」が表示されます。

法定相続人(配偶者以外)

配偶者以外で相続人となる方を選んでください。

優先度の高い順に
子>直系尊属(親など)>兄弟姉妹
です。

まず子供が相続人で、子供がいなければ直系尊属、直系尊属もいなければ兄弟姉妹が相続人になります。

関連記事
相続人の範囲と相続分を解説!
相続人が複数人いる場合には、「誰がどれだけの財産を相続するのか」が問題となります。 今回は相続人となる人の範囲と相続…

健在の相続人(配偶者以外)

相続時点でご存命の相続人の人数を選んでください。
この人数には配偶者は含めません。

代襲相続の情報

相続人で「子」または「兄弟姉妹」を選ぶと、この項目が表示されます。

代襲相続について詳しくは下記記事をお読みください。

関連記事
代襲相続とは?代襲の範囲と割合、要件とチェック事項を徹底解説!
代襲相続とは?代襲の範囲と割合、要件とチェック事項を徹底解説!
この記事では、代襲相続とは何か、代襲相続の原因は何か、誰が代襲相続人になりえるか、相続分や遺留分はどうなるか、代襲が…

子供がいて既に他界した相続人

今回の被相続人が亡くなるより前に他界されていた相続人のうち、子供がいる方の人数を選んでください。
それに応じて、次の一人目、二人目・・・という選択肢が表示される場合があります。

一人目(A)の子供、二人目(B)の子供・・・

先ほど選んだ既に他界された相続人の子供の人数をそれぞれ選んでください。

結果表示画面

被相続人との関係

結果を知りたい人と被相続人との関係性をお選びください。

法定相続分、相続額

法定相続分(割合)と、最初に入れた遺産額から計算した相続額が表示されます。