遺産分割協議書の割印・契印の押し方と訂正方法|割印は本当に必要?

★ お気に入りに追加
kyougisyo ouin

遺産分割協議書に割印や契印が必要だと聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

本記事では、本当に割印や契印は必要なのかというところから、押し方や失敗したときの対処法についてわかりやすく解説します。

1.割印・契印の違いと押す必要性

遺産分割協議書には、割印と契印を押します。
混同しやすいこの2つの押印の違いについて、はじめに確認しておきましょう。

  • 割印…遺産分割協議書を相続人分コピーしたときに、それらが同じ内容の書類であることを証明するための押印です。
  • 契印…遺産分割協議書が一枚におさまらず、2ページ以上になったときに、それぞれのページが連続したひとつなぎの書類であることを証明するための押印です。

割印は必須ではない

ただし、割印は必須ではありません
もちろん押したほうが理想的なのですが、相続人が多い場合や一部一部の遺産分割協議書が厚い場合は全て割印をするのは大変です。
割印を押していないからといって、遺産分割協議書の内容が無効になるようなことはありません。

むしろ契印のほうが重要です。
遺産分割協議書が何ぺージにもわたる場合、第三者に勝手にページを付け加えられるなどのおそれがあるためです。
契印もなかったとしても法律上無効にはなりませんが、改ざんやトラブル防止のためにも、契印は押したほうがいいでしょう。

とはいえ、割印も契印も両方押すのがベストですから、以下、割印→契印の順で解説していきます。

2.遺産分割協議書への「割印」の押し方

まず、割印についてです。

wariin osikata

割印は、各遺産分割協議書にまたがって押します。
このとき使う判子は、遺産分割協議書の署名押印に使った実印を用いるようにしてください
認印は使えません。

必ずしも相続人分全員の割印を押す必要はなく、一人の実印による割印でも構いません。
ただし、できるだけ全員分押したほうが書類としての信頼性は高めることができます。

相続人がすごく多かったり、一部の相続人がかなり遠方に住んでいて押印してもらうのが難しかったりするなど特別な事情がなければ、全員分押すのがよいでしょう。

3.遺産分割協議書への「契印」の押し方

続いて、契印についてです。

keiin osikata

契印は、見開きの状態でページとページにまたがって押します。
実印で押さなくてはならないのと、相続人全員分押すのが望ましいのは割印と同じです。

遺産分割協議書を両面印刷して1枚にまとまったら、契印は省くことができますが、片面印刷のほうが一般的です。

また、ページ数を少しでも減らすためにA3などの大きな用紙に印刷する方法も可能ではあります。
ただし、相続手続きで協議書を提出しなければならないときに、かさばって大変になる可能性もありますし、他の書類は殆どA4指定ですので、あまりお勧めはできません。

ページが多い時の製本手順

ページ数が多くて分厚くなってしまうときには、ホチキスどめに加え、さらに製本テープも利用して強固に綴じることがおすすめです。
以下の記事では、遺産分割協議書の製本手順について、割印・契印の押し方も含めて解説しているので、ぜひご参考にしてください。

関連記事
isanbunkatukyougisyo hyoushi
遺産分割協議書の表紙のつけ方と製本手順|イラストで解説
遺産分割協議書に表紙は必須ではありませんが、保管や、協議書の中身を見えにくくするためにつけたほうが良い場合もあります…[続きを読む]

4.割印や契印の押印を失敗してしまったら

「割印や契印を押したが、かすれてしまった」「一部欠けてしまった」など、うまく押印できなかった、ということもあります。
その場合は、失敗した押印に重なるように再度同じ印鑑を使って押印し、すぐ近くに押印し直します。

ouin yarinaosi

特に割印は遺産分割協議書が分厚いと一発で綺麗に押すのは至難の業です。
どうしても難しそうであれば、割印については、無理に押す必要はありません。

押印に何度も失敗して見にくくなってしまうほどであれば、もう一度作り直したほうがいいかもしれません。
失敗したほうを処分する際はシュレッダーにかけるなど、個人情報の取り扱いには十分注意してください。

5.まとめ

本記事では、遺産分割協議書の割印や契印について解説してきました。

遺産分割協議書が1ページにおさまりきらなかったら、各ページとページの境目に契印を押すことで、「一つの連続した書類である」というのを証明します。
さらに、遺産分割協議書を複数部作成するときには、協議書同士にまたがって割印を押すことで「同一内容の書類である」と証明します。

押印には実印を用い、できるだけ相続人全員分押すようにしましょう。

ただし、割印は法律上必要なわけではないので、なくても無効にはなりません。
遺産分割協議書が分厚い場合など、無理に押さないようにしてください。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

この記事が役に立ったらシェアしてください!