相続放棄照会書と回答書の書き方の具体例

★ お気に入りに追加
書類

遺産相続が起こったとき、遺産の中に借金が含まれていたら、借金を引き継がないために相続放棄をすることがよくあります。相続放棄をする場合には、家庭裁判所において相続放棄の申述をする必要がありますが、相続放棄の申述をすると、家庭裁判所から相続放棄照会書回答書が送られてきます。これらの書類はどのようなもので、回答書にはどのような内容を記載すれば良いのかが問題です。
そこで、相続放棄照会書と回答書の書き方について解説します。

1. 相続放棄とは

遺産相続が起こったとき、遺産の中に借金などの負債が混じっていることがあります。この場合に単純承認して相続をしてしまうと、借金まで相続してしまうことになります。
通常借金を相続することは避けたいと考えるものですが、そのためには相続放棄をすることが考えられます。相続放棄とは遺産相続を一切せずに放棄することです。相続放棄をすると、はじめから相続人ではなかったことになり、プラスの資産もマイナスの負債も一切を相続することがなくなります。
このことによって、借金を相続する必要がなくなり、相続人が被相続人の借金を返済しなければならないという状態を避けることができます。

【参考】相続放棄とは?手続き方法&期限&費用&必要書類を解説

相続放棄をするためには、家庭裁判所において「相続放棄の申述」という手続きをとる必要があります。また、相続放棄の申述は、自分のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内に手続きしないといけません。
そして、家庭裁判所に相続放棄の申述をすると、家庭裁判所から相続放棄照会書と相続放棄回答書という書類が送られてきます。

2. 相続放棄照会書、相続放棄回答書とは

相続放棄照会書とは家庭裁判所に相続放棄の申述をした際に、しばらくすると家庭裁判所から送られてくる照会書のことです。
相続放棄回答書とはその際に一緒に送られてくる、照会事項に対する回答のための書類です。

相続放棄をするためには、いくつかの要件を満たす必要があります。
相続放棄をすると自分がはじめから相続人ではなかったことになり、大変大きな影響が及ぶので、本当に自分の意思で行われたものかどうかを確認する必要があります。
また、遺産の内容について申述者がどの程度把握しているのかや、どうして相続放棄しようとしているのかについても、家庭裁判所が把握しておきたいと考えています。
さらに、相続開始を知ってから3ヶ月以上が経過してから相続放棄の申述があったときには、どうしてそのように遅れてしまったのかについて、確認する必要もあります。

このように、相続放棄を認めるかどうかの判断に際して、申述者本人に照会して確認をしておかないといけないことがいくつかあるので、家庭裁判所が申述者本人に対して照会書を送って必要事項を照会し、申述者に回答書を記入させてその内容を確認するのです。
相続放棄照会書や相続放棄回答書は、相続放棄を認めるかどうかの判断に利用される重要な書類なので、慎重に記入する必要があります。

3. 相続放棄照会書の例

以下では、相続放棄照会書の例をご紹介します。
具体的な内容は、各家庭裁判所によって多少異なりますし、相続放棄照会書と相続放棄回答書が一体となっている場合もあります。

以下では、相続放棄照会書と相続放棄回答書が別になっているパターンを文例として載せます。
相続放棄照会書には、被照会者(照会を受ける人)の名前で相続放棄の申述があったことや、相続放棄の注意事項、同封の相続放棄回答書に必要事項を記入して返送してほしいことなどが書かれています。

【具体的な相続放棄照会書の文例】

 

事件番号 平成〇〇年(家)第〇〇号
平成  年  月  日
甲野 花子 様

東京都○〇区○○1丁目1番1号
東京家庭裁判所
裁判所書記官 〇〇〇〇
電話番号
FAX番号

照会書

このたび当裁判所に対して、被相続人亡○○○○さんについての相続放棄の申述(しんじゅつ)があなたのお名前で行われました。
つきましては、あなたの本当の意思を確認するために、同封の回答書に対して必要事項を書き込み、署名押印をしてこの書面の右上に記載してある日付から10日以内に当裁判所宛てに、ご回答をお願いいたします。

注意事項
相続放棄とは、被相続人(亡くなった人)の遺産や債務を一切引き継がず、相続人にならないことであって、あなたの相続分を他の相続人(相続放棄しない人)に譲るものではありません。
回答書には、あなたご自身がご記入のうえ署名をして、申立ての際に使用したものと同じ印鑑で押印してください。
あなたご自身が回答書を自分で書けないときには代筆もできますが、相続人やその配偶者(夫又は妻)は代筆できません。
代筆で回答書を作成した場合、代筆をしてもらった理由やあなたと代筆者との関係、代筆者の住所を回答書の所定の欄に記入してもらって、代筆者に署名押印をしてもらってください。
回答書のうち一つを選ぶところには、該当するア、イ、ウなどの記号に○をつけてください。
記入事項欄に記載仕切れないときには、適当なA4サイズの用紙を足して、続きを横書きで記載してください。そして、回答書と一緒に左側余白2か所をホッチキスでとめて、回答書と同じ印鑑で割印してください。
回答書の記載に際しては、インクやボールペンを使用し、鉛筆は使わないでください。
その他、本件についてご不明点がある場合、当裁判所あてにお問い合わせください
〔電話000-000-0000(代表)〕。

 

5.相続放棄回答書の文例

次に、相続放棄回答書の文例をご紹介します。これについても、各家庭裁判所によって多少の違いはありますが、だいたい以下のような内容となっています。
以下の文例は、自分が相続人になったことを知ってから3ヶ月経過後に相続放棄の申述をした際のパターンです。

【相続放棄回答書の例】

 

事件番号 平成〇〇年(家)第〇〇号

○○家庭裁判所○○支部
裁判所書記官 〇〇〇 様

回答書

照会事件について、次のとおり回答いたします。

平成  年  月  日

住所

電話番号

申述人(署名) 印

1.あなたの名前で、相続放棄の申述行われていることを知っていますか。

(1)知っている。
その手続は
ア 自分が行った。
イ 他の人(氏名      あなたとの関係   )に頼んだ。
(2)知らない。

2.あなたが被相続人の死亡を知った日はいつですか。

ア 被相続人死亡の日
イ 平成 年 月 日
知ることとなった経緯は
a (氏名    )から被相続人が死亡したことを聞いた。
b 先順位者が相続放棄をしたことについて(氏名    )からの通知などによって知った。
c 被相続人の債権者(氏名    )からの催告があって知った。
d その他(具体的に書いてください。)

3.被相続人の遺産には、どのようなものがありますか(ないものについては「なし」、あることは知っていても数量等が分からないもめは「不詳」、あるか無いかがわからない場合には「不明」と書いてください。)。

(1) 農地 約  ㎡
(2) 山林 約  ㎡
(3) 宅地 約  ㎡
(4) 建物 約  ㎡
(5) 現金・預貯金 約  万円
(6) 有価証券 約  万円
(7) 負債 約  万円
(8) その他

4.上記3の(1)から(8)の相続財産のうち、既に相続をしたものはありますか。

(1) ある(その場合、内容を以下に具体的に書いてください)。
(2) ない。

5.上記3の(1)から(8)の相続財産の存在を知った時期はいつ頃ですか。

5-1.(1)から(6)について(全部について「なし」又は「不明」の場合は記載不要です)。
ア 被相続人の生前から知っている。
イ 被相続人が死亡した日に(氏名    )から聞き、知った。
ウ 被相続人の死亡後、平成 年 月 日に(氏名    )から聞き、知った。

5-2.(7)について(必ず記載してください)
ア 被相続人の生前から知っている。
イ 被相続人が死亡した日に(氏名    )から聞き、知った。
ウ 被相続人の死亡後、平成 年 月 日に(氏名    )から聞き、知った。

6.相続放棄をする理由を選んでご記入ください。
□ 被相続人から、生前贈与を受けているから
□ 現在の生活が安定しているから
□ 遺産が少ないから
□ 遺産を分散させたくないから
□ 債務超過(借金が多い状態)になっているから
□ その他(具体的に書いてください)

7.被相続人の生前の生活状況や経済状況等につき、あなたが知っていることを書いてください。

8.あなたと被相続人との間の生前の連絡状況を書いてください。

9.通常の場合、自分が相続人になったことを知った日から3か月の期間内に、相続財産の有無や状況を調査して、相続するかしないかを決めます。あなたは、その3か月の間にどのような調査をしましたか。調査をしなかった場合には「行わなかった」と記載して、その理由を具体的にご記入ください。

10.あなたは、被相続人が死亡したり先順位の相続人の相続放棄が受理されたりした日から3か月以上経過して相続放棄の申述をしていますが、これまで相続放棄の申述をしなかった理由を具体的に書いてください。

11.相続放棄の申述は、あなたの真意によるものですか。

(1)真意によるものです。
(2)真意によるものではありません。
その理由は
ア (氏名    )から強要された。
イ 相続放棄の意味が分かっていなかった。
ウ その他(具体的に書いてください。)

12.その他参考になることやご希望等がありましたら、ご記入ください。

6.相続放棄回答書の書き方

それでは、具体的な相続放棄回答書の書き方をご説明します。

「あなたの名前で、相続放棄の申述行われていることを知っていますか。」

まずは、本当に申述者の意思で相続放棄の申述が行われているのかどうかが照会されます。問題がなければ、(1)の知っているなどを選びましょう。
手続きについては、自分で行ったのか、誰か別の人に依頼したのかを選びます。依頼した場合には、その人の氏名や自分との関係を記載しましょう。
勝手に手続きされていた場合には(2)の知らないを選びます。

「あなたが被相続人の死亡を知った日はいつですか。」

被相続人の死亡を知った日と、それを知った理由を回答します。知った日についてはだいたいでもかまいませんが、年月日まで記載しましょう。
知ることになった経緯については、該当するものを〇でかこんで、具体的に内容を書き入れましょう。
「被相続人の遺産には、どのようなものがありますか(ないものについては「なし」、あることは知っていても数量等が分からないもめは「不詳」、あるか無いかがわからない場合には「不明」と書いてください。)。」
これについては、具体的に知っている遺産の内容を書き入れていきましょう。

「上記の相続財産のうち、既に相続をしたものはありますか。」

相続放棄をする場合、遺産の一部でも相続手続きをしてしまったら単純承認が成立して、相続放棄ができなくなってしまいます。そこで、この質問に対し「ある」と回答すると、相続放棄ができなくなってしまうおそれが高いです。そのことも踏まえて、事実に即して記載しましょう。

「上記の相続財産の存在を知った時期はいつ頃ですか。」

これについても、該当するものを選んで、人から伝え聞いた場合などにはその人の名称まで記載しましょう。

「相続放棄をする理由を選んでご記入ください。」

相続放棄をしたい理由を記載します。いくつかの候補があるので選んで〇で囲むパターンと、初めから自分で記入するパターンなどがあります。
借金が多いことが原因なら、それを選ぶか、選択肢がない場合には、自分でその旨書き入れましょう。

「被相続人の生前の生活状況や経済状況等につき、あなたが知っていることを書いてください。」

これについては、具体的な被相続人の生活状況や経済状況について、知っているとおりに記載しましょう。たとえば「年金の範囲で生活していた」「生活は苦しそうだった」「貯金があるので裕福に暮らしていた」などと書きます。

「あなたと被相続人との間の生前の連絡状況を書いてください。」

被相続人が生きているときに、どのくらいの頻度で連絡を取っていたかなどの問題です。
頻繁に行き来していたのか、年に数回会う程度だったのか、手紙のやり取りがあっただけだったのか、ほとんど接触がなかったのかなどを具体的に書き入れましょう。

「通常の場合、自分が相続人になったことを知った日から3か月の期間内に、相続財産の有無や状況を調査して、相続するかしないかを決めます。あなたは、その3か月の間にどのような調査をしましたか。調査をしなかった場合には「行わなかった」と記載して、その理由を具体的にご記入ください。」

相続放棄ができるための3ヶ月の熟慮期間内に、相続財産の調査をしたかどうかやその調査内容を回答する欄です。
具体的に、どうやって相続財産を調べたのか記載しましょう。たとえば銀行やサラ金に問合せをしたとか、自宅の郵便物を調べたとか、他の関係者に事情を聞いたなど、調査内容と結果を記載します。調査していなければ、調査は行わなかったと書きます。

「あなたは、被相続人が死亡したり先順位の相続人の相続放棄が受理されたりした日から3か月以上経過して相続放棄の申述をしていますが、これまで相続放棄の申述をしなかった理由を具体的に書いてください。」

このパターンでは、被相続人の死亡後3ヶ月が経過してから相続放棄の申述が行われているのでこのような質問事項が追加されています。申述が3ヶ月以内である場合、この質問はありません。
ただ、相続放棄の申述自体が被相続人の死亡後3ヶ月が経過した後であっても、被相続人が借金していたことを知らなかった場合などには相続放棄が認められます。
そこでこの欄には、「相続財産に借金があることを知らなかった」などと、相続放棄しなかった事情を具体的に記載しましょう
「借金があることを知っていたけれども、面倒なので手続きしなかった」などと書くと、相続放棄が認められなくなるおそれがあるので、注意が必要です。

「相続放棄の申述は、あなたの真意によるものですか。」

これは、本当に相続放棄の申述が申述者の意思によるものかどうかを確認するための質問です。
真意によるものであれば「(1)真意によるものです。」を、異なるのであれば「(2)真意によるものではありません。」を選択して、その理由を記載しましょう。
あとは、何か本件に関連する参考事項や希望事項などがある場合に具体的に書き入れておくと良いでしょう。

相続放棄回答書に記入が終わったら、署名押印をして日付を入れて、家庭裁判所に対して返送します。
内容に特に問題がなければ、数日~数週間後に相続放棄が受理されて、受理されたことの通知書が送られてきます。このことによって、有効に相続放棄の申述ができたことになります。
相続放棄回答書の書き方についてわからないことがあれば、相続問題に強い弁護士に相談してみると良いでしょう。

まとめ

相続放棄照会書と相続放棄回答書について解説しました。
相続放棄をすると、プラスの資産もマイナスの負債も一切を相続しなくなるので、遺産の中に借金などの負債が含まれている場合には有効な対処方法となります。
しかし、相続放棄は、自分が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内に行わなければならないなどの要件があります。そこで、相続放棄の申述をすると、家庭裁判所から相続放棄照会書と相続放棄回答書が送られてきます。これらの書類に記載してある質問に対して順番に回答を記入していき、家庭裁判所宛に返送します。

相続放棄は、自分が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内に行う必要があるので、それを超えて相続放棄の申述をしたら、なぜ遅れたのかについて照会されます。これについては、「遺産の中に借金があることを知らなかったから」ということを説明すると、相続放棄が認められる可能性が高いです。「面倒なので放っていた」などと書かないように注意しましょう。
もし、自分ではどのように記載して良いかわからない場合には、弁護士にご相談ください。

相続放棄置換文言

相続放棄を専門とする弁護士がいます

相続放棄手続は自分でも出来ます。しかし、手続きを確実かつスムーズに進め、更に後のトラブルを防止する上では、弁護士に相談して手続するのがオススメです。

弁護士であれば、以下のような相続の悩みも的確にサポートしてくれます。

  • 相続放棄すべきか否か、判断が難しい
  • 相続財産の全体が分からない、調べたい
  • どんな書類を用意すればいいか分からない
  • 親族その他、周りに迷惑をかけたくない

本サイトでは、相続放棄を専門的に取り扱っている弁護士を厳選して紹介しています。
相続放棄でお悩みの方は、ぜひご活用ください

相続放棄に強い弁護士を探す