遺産相続に強い弁護士とは?9つの選び方のポイント

★ お気に入りに追加

相続問題は、誰でも遭遇することがある法律トラブルです。

自分だけでは解決が難しい場合や、専門家である弁護士の助けが必要となることもあります。
ただ、弁護士にも色々な人がいて、誰に依頼するかによって、結果は大きく変わります。
相続問題を相談・依頼するなら、相続問題に強く、自分と相性のいい弁護士を探すことが重要です

そこで今回は、相続トラブルを相談するときの弁護士の選び方のポイントを解説します。

1.相続問題の実績・経験・知識が豊富

まずは、その弁護士が相続問題を得意としていることが重要です。
弁護士は法律全般を取り扱うので、業務の範囲はかなり広大で、相続はその中の一分野にすぎません。相続問題を取り扱っていなかったり、あまり得意でなかったりする弁護士もいます。

そこで、弁護士を探す場合、相続問題に積極的に取り組んでいて、その分野の実績が多い事務所を選びましょう。
年間にどのくらい相続問題の取り扱いがあるか、弁護士の経験年数はどのくらいかなどをチェックします。今までに相続関係の書籍を執筆したことがあればなお良いでしょう。

今は、多くの弁護士がホームページを作っているので、その内容を見ると弁護士がどのような分野を得意としているかが分かることがあります。

ホームページ内の弁護士のブログや記事の中で、相続関係の記載内容が充実している弁護士事務所は相続に力を入れている可能性が高いです。

2.熱意があり、研究を怠らない

何事も、専門家を選ぶ際には、常に熱意を持って取り組んでおり、研究も怠らない姿勢を持っている人を選ぶことが大切です。

実績や経験だけではなく、弁護士の業務に取り組む姿勢もチェックしましょう。

まずはホームページなどをチェックして、弁護士の基本的な考え方(ポリシ-)や姿勢を確認します。信頼できそうだと思ったら、一度法律相談を受けてみて、実際に話をします。
そのときに、弁護士から熱意を感じられるかどうかがポイントです。

事務所内にたくさんの法律関係の書籍や最新の法律雑誌が置いてあれば、勉強家の良い先生という意見もありますが、最近は、専門書籍も電子版で入手できますし、既存の書籍もスキャナーでデータ化する弁護士が多いので、書籍の数で判断することはできない状況です。

また、ご自身の案件が、その弁護士にとって熱意のわかない、引き受けたくない事件であるときには、質問をしても「さあ、どうでしょうね」、「そうかも知れませんね」などとあいまいな返答をされたり、「難しそうですね」とやんわり断られたりします。

そのような場合は、他の方を検討したほうが良いでしょう。

3.話しやすく、質問しやすい

その弁護士がご自身にとって話しやすい人であることも重要です。

相続問題では、依頼時だけでなく、何度も弁護士と面談をして、今後の方針などを相談していくことになります。
分からないことがあれば弁護士に質問をして、疑問を解消しなければなりません。

そのため、自分が話しやすく、こちらからも質問をしやすい人を選びましょう。

かつては、「依頼した以上は弁護士に任せて素人は黙っていろ」という態度の先生も珍しくありませんでした。
さすがに最近は少なくなりましたが、運悪く、このような弁護士にあたると、依頼者が意見や希望を言っても「それは無理」とまともに取り合ってくれなかったり、弁護士の意見を高圧的に押しつけたり、質問も真面目に聞いてくれなかったりします。

これでは自分の望んでいない方向にどんどん案件がすすめられて、最終的に納得できない解決に落ち着いてしまうおそれもあります。
遺産分割協議が終わってから「こんなはずではなかった」と、弁護士とのトラブルになるケースは珍しくないのです。

もちろん、話しやすいかどうかは、人間としての相性も大いに関係します。
話しやすい雰囲気があり、こちらが質問をしても丁寧に答えてくれる弁護士を選びましょう。

4.丁寧に説明してくれる

弁護士の説明が丁寧でわかりやすいことは、極めて重要です。

相続問題は、複雑で法律的な争点も多いトラブルです。
弁護士の説明が難しすぎて、言っている事が分からないと、ストレスが溜まるだけでなく、自分で判断できません。
分からないからと弁護士に任せきりにしていたら、思ってもみなかった方向に話が進んでいた、ということもあり得ます。
弁護士が良かれと思ってやったことでも、必ずしもご自身の希望どおりとは限りません。

弁護士の中には、難しい法律用語を連発するだけで、素人に分かりやすく説明できない人もいるので、注意が必要です。

状況に応じた説明をしてくれる

また、物事は必ず自分に有利に進むとは限りません。
いかに能力が高い弁護士でも、覆せない状況は沢山あります。

不利な状況にあるときには、その内容やリスクをきちんと説明してくれる弁護士を選ぶことが重要です。

最初の相談の際に、弁護士の説明が丁寧で、プラスとマイナス両方の側面をわかりやすく指摘してくれるかをチェックしましょう。

5.費用が明確

相続問題を依頼するとき、弁護士費用の問題も重要です。
弁護士費用の種類としては、着手金と報酬金が主になります。

着手金とは、案件を依頼する当初にかかる費用です。依頼料のようなもので、基本的に返金されることはありません。

報酬金とは、案件が解決した場合に、解決内容に応じてかかる費用です。獲得できた経済的利益の額が大きくなると、報酬金の金額が高くなることが普通です。

弁護士費用はオープン価格なので、弁護士事務所がそれぞれ自由に決めています。
多くの事務所では、相続問題の場合、遺産の額を基準に報酬が定めるのが通例で、遺産の額に応じて、弁護士費用も高額になります。

各事務所に弁護士費用の算定基準を置くことが義務づけられていますから、相談の際にそれを見せてもらい、費用の全体像を説明してもらいましょう。
初期費用だけではなく、解決までに全体でいくらかかるのか、追加費用がかかる場合やその条件なども確認しましょう。

関連記事
費用
相続、遺産分割、遺留分請求などでの弁護士の役割と弁護士費用の相場
相続問題を弁護士に依頼するとどのくらいの費用(報酬)がかかるのでしょうか。 弁護士費用は、今は事務所ごと自由な金額設…[続きを読む]

6.便利な立地であり、相談時間が柔軟

弁護士事務所の所在地や、相談時間もポイントです。
どんなに有名で実績の高い弁護士でも、相談に行くことが難しければ、意味がありません。
何度も通って負担にならない場所か、時間の融通が利くかは無視できない点です。

事務所の場所

ただ、遺産分割の場合、紛争が起こっている地域の弁護士に依頼することもあります。

たとえば、他の相続人は東京に住んでいて、自分は岡山に住んでいる場合、遺産分割調停を起こす裁判所は原則として東京になります。

この場合に、岡山の弁護士に依頼すると、調停期日毎に弁護士の出張日当(2万円から5万円程度)と交通費がかかってしまううえに、弁護士が出張に当てられる日程にも限りがあり、期日がなかなか入りません。
このため、東京の弁護士に依頼する方が手続きがスムーズに進み、費用も節約できるケースがあります。

相談時間

弁護士を選ぶとき、相談時間に柔軟性があることも大切です。

仕事や子育てなどがあって、平日の昼間に弁護士事務所に相談に行くことが難しい場合には、夜間や土日祝の相談などに応じている事務所を探すことが大切です。

7.フットワークが軽く、返信が早い

弁護士のフットワークの軽さが重要です。
常に身軽に動いてくれて、必要ならすぐに外に調査に行ったり交渉に行ったりしてもらえる弁護士に依頼する方が、有利になる事があります。

また、依頼者が問い合わせをしたときに、素早く返信をしてくれるかどうかも重要です。
安心感にもつながります。

弁護士の中には、メールを送ってもほとんど返信がなかったり、とても遅かったりする人もいます。
電話をかけても、いつも事務員が出るだけで、ほとんど折り返しの連絡もないことがあります。
仕方がないのでFAXで連絡を入れても、見てくれているのかどうかすらわかりません。

このような弁護士に手続きを依頼すると、本当に自分の希望が伝わっているのかどうか不安で仕方がありません。

最初の法律相談の予約がスムーズに入るかどうか、事務所に電話をかけたりメールを送ったりしたときにレスポンスが良いかをチェックしましょう。

8.他業種と連携している

相続問題で、意外と重要なのが他業種との連携です。

相続は、実は様々な士業の分野が絡まり合っている問題です。たとえば遺産の中に不動産があれば、相続登記のための司法書士や、価額査定のための不動産業者が必要になるケースがあります。

相続税の支払いが予想される場合には、節税できる分割方法や相続税申告などについて税理士に相談できると便利です。

このような他業種の専門家をすべて自分で探すのでは大変です。

弁護士は、これら司法書士、税理士、不動産業者などと一緒に仕事をする機会が多いので、依頼者が希望すれば紹介してもらえます。

また、最初から他士業と密に連携していることを強みとしてアピールしている法律事務所もあります。選択肢に加えてもよいでしょう。

9.自分に合うと感じられる

最後に、相続問題を依頼する弁護士を選ぶポイントとして忘れられがちなことが、フィーリング(相性)です。

弁護士も依頼者も人間なので、どうしても合う合わないがあります。
相手を嫌だと思ったら、あまり相談に行きたいとも思わなくなってしまい、コミュニケーション不足で不利になってしまうこともあります

そんなことにならないよう、正式な依頼をする前に相性が悪いと感じたのであれば、他をあたるべきです。
ご自身と相性がいいと感じる弁護士を探しましょう。

途中から弁護士と相性が悪いと思ったら

相性の良し悪しは、その弁護士と付き合い始めて時間を経てからでないと判断できないこともあります。

正式に依頼をし、事件処理が進行している途中で、「この先生とは合わないな」と思い始めたならば、弁護士を替えることは躊躇を覚えるかもしれません。

しかし、信頼関係に問題を抱えたままでは、大切な相続問題の帰趨に悪影響を及ぼします。
ためらわずに解任し、次の弁護士を探すことがお勧めです。

なお、支払済みの着手金は、弁護士が進めた事務処理に応じて清算されますので、その内容について、きちんと話し合うことは必要です。

遺産相続に強い弁護士の選び方まとめ

今回は、遺産相続問題に強い弁護士の選び方のポイントを解説しました。
改めてポイントをまとめると次のようになります。

  • 相続問題の経験・知識が豊富
  • 熱意がある
  • 話しやすく、リスクも含めて説明してくれる
  • 費用が明確
  • フットワークが軽く、相談時間等も柔軟
  • 他士業と連携している
  • 何より、自分とフィーリングが合う

当サイトでは、都道府県別に遺産相続に強い弁護士を厳選して掲載しておりますので、弁護士選びに迷われている方は、ぜひ一度ご覧ください。
事務所ごとに紹介・挨拶文もありますので、「自分と合いそうだな」と思う事務所を探すことができます

あなたの相続問題を弁護士が早期に解決いたします。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

 
Cafeおすすめ! 【東京都・中央区】相続に強い弁護士
KOWA法律事務所
KOWA法律事務所

相続は「気軽に相談」していただく事が第一です。

相続は「気軽に相談」していただく事が第一です。

弁護士にご相談いただければ、多様な選択肢を提案できます。無料相談も実施していますので、既に紛争になっている場合も、「これから揉めそう」という場合でも、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6943
[電話受付]平日・土 10:00~23:00 日・祝 12:00~23:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!