すぐにわかる甥・姪(兄弟姉妹の子)の代襲相続|イラスト付解説

本来、叔父や叔母が相続人になるのは、被相続人に子や父母などの直系尊属が誰もいな場合のみです。

では、叔父・叔母の子である被相続人の甥や姪が代わりに相続することはあるのでしょうか?

本記事では、被相続人の甥や姪は代襲相続できるのか、イラストを用いながらわかりやすく解説していきます。

1.被相続人の兄弟姉妹の子どもも代襲相続できる

1-1.被相続人の甥や姪も代襲相続できる

甥や姪も代襲相続することは可能です

代襲相続」とは、相続人となるべき人が被相続人より先に他界しているときに、故人の子どもが代わって相続することです

関連記事
代襲相続とは?代襲の範囲と割合、要件とチェック事項を徹底解説!
代襲相続とは?代襲の範囲と割合、要件とチェック事項を徹底解説!
この記事では、代襲相続とは何か、代襲相続の原因は何か、誰が代襲相続人になりえるか、相続分や遺留分はどうなるか、代襲が…[続きを読む]

1-2.兄弟姉妹の相続は第3順位

被相続人との関係で誰に相続権があるかは次の通り、民法で定められています(民法887条、同法889条、同法890条)。

順位 相続人
常に相続人 配偶者 常に相続人
第1順位 子が被相続人より先に亡くなっている場合は孫などの直系卑属が代襲相続
第2順位 直系尊属(父母・祖父母など) 被相続人に子がいない場合に相続
第3順位 兄弟姉妹 被相続人に子も直系尊属もいない場合に相続

いかなる場合でも相続権が認められる配偶者、第1順位の被相続人の子、子がいなければ第2順位の直系尊属(父母・祖父母など)、直系尊属もいなければ第3順位の兄弟姉妹の順番で、相続権が定められています。

「兄弟姉妹」の相続順位は第3順位であり、被相続人の子や親など、兄弟姉妹よりも順位の高い相続人がご存命であれば、兄弟姉妹には相続権はありません。したがって、当然、兄弟姉妹の子である甥や姪が代襲相続することもありません

【図解】甥姪の代襲相続

では、イラストで確認してみましょう。

事例の叔父には、子供はもとより、配偶者もいません。父母も既に他界しています。

次に、叔父には弟がいましたが、こちらも叔父より先に亡くなっています。ただし、叔父の弟には子供がいます。そのため、生きていれば相続人であった弟に代わり、弟の子である「私」が代襲相続します。

つまり、死亡したおじの遺産は、配偶者である叔母と、姪で分けることになります。

1-3.代襲相続が認められるには

では代襲相続は、どのような条件が揃えば認められるのでしょうか。

代襲相続が認められるためには、以下3つのうちいずれかの要件を満たしている必要があります。

  • 相続人となるべき人が被相続人より先に亡くなっている
  • 相続人となるべき人が被相続人の遺言書を隠蔽するなどの「相続欠格事由」(民法891条)に該当する
  • 相続人となるべき人への虐待や重大な侮辱などを原因に、被相続人によって相続廃除されている(民法892条)

相続人となるべき人が、以上の要件のうち1つでも該当していれば、「相続人になるはずだった人の子」が代襲相続することができます。

一方で、相続放棄は代襲相続の成立要因には含まれません。相続放棄をすると、「その相続関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされる」(民法939条)ため、その子供にも相続権が認められないからです。

2.甥や姪が代襲相続した場合の法定相続分

代襲相続人の法定相続分は、被代襲者の法定相続分と同じです(民法901条1項)。代襲相続人が複数名いる場合には、法定相続分を頭割りします。

そこで、各法定相続人の法定相続分を以下にまとめておきます。

同順位の法定相続人が複数名いる場合には、人数で頭割りします。

法定相続人の状況 配偶者 直系尊属 兄弟姉妹
配偶者のみ 1 - - -
配偶者と子 1/2 1/2 - -
子のみ - 1 - -
配偶者と直系尊属 2/3 - 1/3 -
直系尊属のみ - 1 -
配偶者と兄弟姉妹 3/4 - - 1/4
兄弟姉妹のみ - - - 1

甥や姪の法定相続分も同様に、被相続人の兄弟姉妹の法定相続分と同等で、配偶者がいる場合の配偶者と兄弟姉妹の法定相続分は、3:1であり、子が複数名いる場合は、この1を頭割りします。

上記例では、遺産1,000万円を、配偶者である叔母に750万円、代襲相続人である自分に250万円分配すれば法定相続分通りとなります。

上記例では遺産1,000万円を、叔母に750万円、叔父と代襲相続人に、それぞれ125万円ずつ分配すれば、法定相続分通りとなります。

上記イラストは、被相続人の甥である「自分」に姉がいて、代襲相続人が複数になる場合です。

遺産1,000万円を、叔母に750万円、叔父に125万円、父の代襲相続人である自分と妹に62.5万円ずつ分配すれば法定相続分通りになります。

ただし、相続人全員が合意さえできれば、法定相続分通りに遺産を分割する必要はありません。

3.代襲相続|再転相続や数次相続との違い

多くの方が代襲相続と混同してしまいがちなのが「再転相続」や「数次相続」です。これらの語句の違いについて、確認しておきましょう。

代襲相続と、再転相続・数次相続の大きな違いは、相続人が亡くなる時期にあります。

代襲相続では、被相続人が亡くなるよりも前に相続人が亡くなっており、その直系卑属が代わりに相続します。

一方、再転相続や数次相続では相続開始の時点で相続人は、まだ亡くなっていません

関連記事
再転相続とは
相続放棄も承認もしてない相続人が死亡|再転相続の仕組みを解説
被相続人の死亡による相続が発生している場面において、さらに相続人までもが死亡してしまった場合には、相続をめぐる法律関…[続きを読む]

4.甥や姪が代襲相続する際の注意点

最後に、被相続人の甥や姪の代襲相続について、必ずチェックしてほしい注意点をまとめておきます。

4-1.兄弟姉妹の子(甥姪)には遺留分がない

甥や姪には遺留分がありません

遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることのできる遺産として、民法上保障されている遺産の取得割合です。

第1042条1項
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次条第一項に規定する遺留分を算定するための財産の価額に、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。
一 直系尊属のみが相続人である場合 三分の一
二 前号に掲げる場合以外の場合   二分の一

ご覧の通り、民法では、兄弟姉妹には遺留分がありません。したがって、代襲相続する甥姪にも遺留分はありません。

4-2.甥や姪の子は再代襲相続ができない

甥や姪の子どもは再代襲相続ができません

「再代襲相続」とは、代襲相続を行うはずだった人も亡くなっていた場合に、更にその子どもに代襲を認めることです。

被相続人の子が親が亡くなる前に死亡していれば、被相続人の孫が代襲相続することができます。もし、孫も被相続人より先に亡くなっていれば、曾孫が再代襲相続します。

「甥や姪の子」が代襲相続できない理由は、兄弟姉妹が相続人となる場合を規定した民法889条の2項が、代襲相続を規定する民法887条2項を準用している一方で、再代襲相続を規定する民法887条3項を準用していないためです。

まとめ

被相続人と相続人とが亡くなる順番の前後によって、誰が相続人になるのかが変わるため、代襲相続には正確な知識が必要となります。

一方で、相続放棄は3ヶ月以内、相続税申告は、10カ月以内に行わなければならず、遺産分割の手続きは迅速に行わなくてはなりません。

代襲相続について分からないことがあれば、相続に強い弁護士に相談することをお勧めします。

相続に強い弁護士を探す

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!
監修
弁護士相談Cafe編集部
弁護士ライター、起業経験のあるFP(ファイナンシャル・プランナー)、行政書士資格者を中心メンバーとして、今までに、相続に関する記事を250以上作成(2022年1月時点)。
プロフィール この監修者の記事一覧