配偶者が全て相続するときの遺産分割協議書の書き方と記載例

★ お気に入りに追加
haiguusya subetesouzoku

遺産分割協議の結果、被相続人の遺産を配偶者が全て相続するというケースは珍しくありません。

協議もまとまり、あとは遺産分割協議書を作成するだけだという方に向けて、本記事では協議書の記載例や、作成の注意点について解説します。

1.配偶者が全て相続する遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書で必要な内容は、基本的に下記の通りです。

  • 被相続人の氏名・死亡日・本籍地
  • 誰が、何の遺産をどれだけ相続するか(相続人および相続分)
  • 相続人が話し合い、合意した旨
  • 遺産分割協議書を作成した年月日
  • 相続人全員の署名押印

これらを文章に起こすとどのようになるのでしょうか。
早速、配偶者が全て相続する場合の遺産分割協議書について、実際の記載例をご紹介します。

書き方① 「一切の財産を相続する」と記載する

一番簡単な書き方としては、「被相続人の一切の財産を〇〇が相続する」と書いてしまう方法です。
財産を全て列挙して一つずつ「~は〇〇が相続する。~も〇〇が相続する。」と書いたり、財産目録で列挙したりしてもいいですが、「一切の財産」としてしまったほうが書く側としては楽ですね。

記載例

被相続人
××××(令和×年×月×日 死亡)
最後の本籍地 〇〇県〇〇市○○区×-×-×
最後の住所地 〇〇県○○市〇〇区×-×-×

上記被相続人の死亡により発生した相続について、甲(被相続人の妻)、乙(長男)、丙(長女)の相続人全員により、以下の内容で遺産分割協議が成立した。

1.被相続人の一切の財産は、甲が相続する。

2.今回の協議時点で判明していない遺産が後日発見された場合には、その一切を甲が相続する。

以上の通り、相続人全員が合意したことを証明するため、本書を作成し、各自署名押印する。

甲・乙・丙全員の住所地および署名押印
作成年月日 令和×年×月×日

ここで注目したいポイントは、「2.今回の協議時点で判明していない遺産が後日発見された場合には、その一切を妻××××が相続する」という文言です。

この文言がないと、万が一後から被相続人の新しい遺産が見つかってしまった際に、他の相続人から「こんな遺産があるなんて知っていたら配偶者が全て相続することに同意しなかった!協議は無効だ!」と主張されてしまうおそれがあります。
実際に無効になるかは別として、余計な争いを避けるためにもこうした文言を入れておくべきでしょう。

また、「一切の財産」と言うと、被相続人の債務も含まれる点にも注意が必要です。
この点は「2.遺産分割協議書の注意点」で詳述します。

書き方② 財産の内容を列挙する

もちろん、被相続人の財産の内容を詳しく列挙できるのであれば、その方法でもかまいません。
むしろ、もしも後から新しい遺産が出てきた場合を考えると、「遺産分割協議時点で相続人が把握している遺産」と「後から発覚した遺産」の線引きが明確にできるので、よりよいといえるでしょう。

記載例

被相続人
××××(令和×年×月×日 死亡)
最後の本籍地
最後の住所地

上記被相続人の死亡により発生した相続について、甲(被相続人の妻)、乙(長男)、丙(長女)の相続人全員により、以下の内容で遺産分割協議が成立した。

1.下記の被相続人の財産は、甲が相続する。

預貯金
〇〇銀行〇〇支店
普通預金 口座番号*******
口座名義人〇〇〇〇〇
〇〇万円

不動産
(1)土地
所在 ○○県〇〇市〇〇区
地番 ××番××号
地目 宅地
地積 〇〇.〇㎡

(2)建物
所在 〇〇県○○市〇〇区
地番 ××番××号
種類 居宅
構造 木造造2階建
床面積 1階部分 〇〇.〇〇〇㎡
2階部分 〇〇.〇〇㎡

2.上記以外の被相続人の財産が後日発見された場合には、新しく見つかった財産の取り扱いについてのみ、相続人全員で再協議する。

以上の通り、相続人全員が合意したことを証明するため、本書を作成し、各自署名押印する。

甲・乙・丙全員の住所地および署名押印
作成年月日 令和×年×月×日

この場合でも、後日新しい遺産が発見したときのことを考慮した文言をきちんと入れます。

また、上記では預金や不動産についてのみ、記載例を示していますが、その他の種類の遺産でも、できるだけ特定しやすいように情報を書いておきましょう。
たとえば株式であれば「〇〇株式会社、普通株式、5000株」というように、会社名・株式の種類・株式数を書きます。

【関連記事】預貯金・不動産以外の遺産分割協議書の書き方はこちら

配偶者以外に全て相続させる場合

協議の結果、誰か一人が相続することになった、というケースは、なにも配偶者に限りません。「被相続人の母に全て相続させる」とか「一人っ子に相続させる」とか、いろいろあります。
どれであっても、基本的に書き方は同じです。

ご説明した通り、「××が被相続人の有する一切の財産を相続する」とシンプルに書くか、××が相続する旨を書いたうえで、遺産の内容を列挙していくかのどちらかです。

2.配偶者が全て相続する遺産分割協議作成の注意点

続いて、遺産分割協議作成での要注意ポイントを紹介します。

「一切の財産を相続する」=債務も相続するということ

先に少し触れましたが、「配偶者が被相続人の全ての財産を相続する」ということは、被相続人の債務まで相続することを意味します。

その場合、配偶者は、他の相続人に対して求償できません。つまり、「一切の財産」と書く以上、「債務だけはみんなで負担しようね」とはならないということです。
もし債務だけは分担したい場合、「一切の財産」と書かずに、一つずつ列挙する形式で記載し、債務の項目では割合や金額などで分担を記載しましょう。

ただし、債務を一人がまとめて相続しても、各相続人でどのように分担しても、債権者からはどの相続人に対しても法定相続分に応じて債務の弁済を請求できます。

請求を受けた他の相続人は、相続人同士の合意を理由に支払いを拒否できません。
この場合、遺産分割協議の合意内容に基づき、自分が負担しないことになっている分について「被相続人の債権者から〇〇万円を請求されて支払ったので、〇〇万円を渡して」と求償することができます。

一人が全て相続する場合でも、全員分の署名押印が必要

また、先述の通り、遺産分割協議書には相続人全員分の署名押印が要るというのが重要なポイントです。
遺産分割協議は全員が参加しないと無効になってしまいますが、署名押印は全員参加の証拠になります。

もしも、相続人同士が遠く離れて住んでいて、対面や回覧による署名押印が難しいときには、遺産分割協議証明書の利用も検討しましょう。
文面は協議書と変わりませんが、全員で1枚の書類に相続人全員分の署名押印を集める「協議書」に対して、1人1枚の書類にそれぞれが自分の署名押印をした後に全員分回収するのが「協議証明書」です。

関連記事
isanbunkatu syomeisyo
遺産分割協議証明書とは|協議書と何が違う?<書式ひな形あり>
「遺産分割協議証明書」とは、遺産分割協議で成立した内容を公的に証明するための書類です。遺産分割協議証明書の効力・提出…[続きを読む]

押印は実印で、印鑑証明書をつける

押印は実印でなくてはなりません。
加えて、印鑑証明書も提出することで、押印に使われた印鑑が本当に本人の印鑑であることを証明する場合もあります(相続登記では必須)。
印鑑証明書は、お住まいの市区町村役場で取得するか、コンビニでの発行に対応している地域であればマイナンバーカードを使ってコンビニでも発行することができます。

ページ数が多い場合は割印や契印をする

特に「一切の財産を相続する」と書いたような場合、ページ数が多くなることは考えにくいですが、遺産内容を列挙した場合や相続人の数が多い場合などは、遺産分割協議書が1ページに収まりきらないことがあるでしょう。
その場合は全ての見開きページで、ページとページにまたがって押印します(契印:書類の連続性を証明します)。

また、必須ではありませんが、複数人分の遺産分割協議書を作成したときには、書類どうしまたがるように押印するのが理想的です(割印:複数の書類の同一性を証明します)。

言葉では分かりにくいでしょうから、ぜひ以下の記事をご参考にしてください。
「遺産分割協議書の表紙」についての記事ですが、表紙を含めた製本の手順について、イラスト付きで解説しています。

関連記事
isanbunkatukyougisyo hyoushi
遺産分割協議書の表紙のつけ方と製本手順|イラストで解説
遺産分割協議書に表紙は必須ではありませんが、保管や、協議書の中身を見えにくくするためにつけたほうが良い場合もあります…[続きを読む]

3.他の相続人が相続放棄したら協議書は不要?

もしも、他の相続人が全員相続放棄をしたのであれば、相続放棄=はじめから相続人ではなかったとみなされますから、そもそも遺産分割協議書の作成自体が不要になります。

しかし、相続放棄によって単独相続しようとするのは、あまりおすすめできません

相続放棄では、相続放棄した本人より後順位の相続人がいる場合、その人に相続権が移ります
たとえば、被相続人の妻が全て相続するために、被相続人の子供たちが全員相続放棄をしたとしても、被相続人の親(いなければ兄弟姉妹)が存命だったら、相続権を主張してくる可能性があります。

相続放棄によって相続権が移っていくと、「一人で全て相続する」ということに対して誰かが反対するおそれがあるのです。

ですから、配偶者が全て相続するという場合には、あくまで協議書で完結するのが理想でしょう。
もし相続放棄で配偶者に財産を集中させたい場合は、後順位の相続人がいないことを確認するか、その人たちの合意も得てからにしましょう。

4.まとめ

いかがだったでしょうか。
本記事では、配偶者が遺産を全て相続するときの、遺産分割協議書の文例を見てきました。
作成のときの参考にしていただければ幸いです。

理想は遺産分割協議の段階から遺産分割協議書の作成まで弁護士に一任してしまうことですが、遺産分割協議書のことだけでも、もしも不安な点がある場合は、一度ご相談してみるのもおすすめです。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

この記事が役に立ったらシェアしてください!