相続問題を弁護士に相談するタイミング

★ お気に入りに追加
弁護士2

相続トラブルで悩むことがあったら、一度弁護士に相談すべきです。あらゆる意味で「弁護士」の敷居を高く感じる人は多いでしょう。
そこでこの記事では、遺産相続問題をいつ弁護士に依頼すべきなのか、そのタイミングを説明します。

相談は気軽にしていい!

そもそもですが、「相談する」と「依頼する」は違います。
仮にどこかの弁護士に相談したからといって、その弁護士に依頼をしなければならない訳ではありません。

多くの事務所が「相談無料」を掲げているのは、『気軽に相談して欲しい』という気持ちの表れです。

弁護士と聞くと、普通は「そんな大ごとには…」「そこまでのことでは…」と、遠慮しがちですが、単に相談に行くだけなら大ごとにもなりません。

「相談は気軽にしていいことなんだ」ということを、まずは抑えておきましょう。

相談だけして帰ってきてもいいの?

全然問題ありません。
なので、ちょっと気になる弁護士さんがいたら、気軽に連絡してみましょう。
実際に相談してみて、「この先生はちょっと…」とか「思ったより高い…」と思ったら、一度家に持ち帰って考えるなり、信頼できる家族などと相談すると良いでしょう。
それから改めて問題の解決法を考えてみるなり、別の弁護士に相談/依頼しても良いです。

タイミングが悪い時はないの?

基本的にありません。

ただ現実問題として、人気や評判などから対応案件が多い事務所は、「(今は)対応できない」という回答をすることがあります。
ただそれは、その事務所の運用上の都合です。
あなたが悪いわけではありません。

サービスのマッチングの問題はありうる

また、「相続に強い弁護士事務所」といっても、対応領域が微妙に違う場合があります。

たとえば、「相続放棄は取り扱っていない」「紛争になってからの対応専門で、事前対策は対応してない」「遺言の作成サポートをするときは、保管や執行もセットで行っている(バラバラにはしていない)」などが考えられます。
こうした理由から、依頼者と事務所との間でマッチングミスが起こり、『なんだか断られてしまった』という心境になることはあり得ます。

ただ、これはタイミングの問題でも、相談者が悪いわけでもありません。
仮にこうした場面に直面したときは、「縁がなかった」と考えて、他の事務所を探しましょう。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

この記事が役に立ったらシェアしてください!