遺言が複数見つかった時の効力と対処法|常に最新の日付が有効

★ お気に入りに追加
相続弁護士Cafe_Q&A
遺品整理をしていたら、別々の場所から、遺言書が2通出てきました。内容が微妙に異なり、どう判断すれば良いか分かりません。

日付が最新のものが有効|まずは日付の確認を

遺言は、基本的に「何度も書き直して良いもの」ですし、「何度も書き直されるもの」でもあります。そのため、複数の遺言が見つかることは珍しくありません。

そこで、複数の遺言が見つかった場合どうするかが問題になりますが、これは基本的に「最新の日付のものが有効」と考えられています。
一番新しいものが、もっとも故人の意思を反映しているとの考え方です。

そのため、遺言を複数見つけたら、まずはそれぞれの「日付(作成日)」を確認するようにしましょう。

遺言の要件を満たしているかは確認すべき

もっとも、いくら日付が新しくても、「遺言の要件」を満たしていなければ、遺言として無効な書面になります。

日付はもちろんのこと、遺言の要件を満たしているかもキチンと確認しましょう。

関連記事
遺言書
正しい遺言の書き方|自筆証書遺言の要件と書き方の5つのポイント
この記事では、有効な自筆証書遺言の書き方と、遺言を書く上で重要なポイントを解説します。記入例(サンプル)や、なぜその…

遺言の種類が何かは関係ない

たとえば複数見つかるパターンの一つとして、「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」が見つかるというケースがあります。

この場合も、それぞれの遺言の要件を満たし、有効な遺言書となっていれば、日付が新しいほうが有効な遺言になります。
なんとなく「公正証書遺言の方がフォーマルで優先されそう」と誤解されがちですが、どちらが優先するかを考える上では関係ありません。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

この記事が役に立ったらシェアしてください!