戸籍謄本・抄本?除籍謄本・抄本?相続で必要な戸籍関連書類とは

★ お気に入りに追加
戸籍謄本

戸籍謄本や除籍謄本など、相続では戸籍関連書類を用意する必要があります。
ただ、似たような名前の書類ばかりで、これらの書類の違いについて正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、戸籍関連書類の説明から、その取得・申請方法を解説します。また、戸籍がどのような仕組みでできているのかも解説します。
相続をきっかけに戸籍に関する書類を集めないといけない方など、戸籍関連書類を詳しく知りたい方は、参考にしてください。

戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)

戸籍謄本(こせき-とうほん)とは、その戸籍に掲載されている全ての人の情報を証明する書類のことです。「戸籍全部事項証明書」と言うこともあります。

戸籍謄本には、父母、養父母の名前や生年月日、続柄などが記入されています。

戸籍謄本を入手するには、その人の本籍地を管轄する役所から謄本の写しを発行してもらう必要があります。したがって、戸籍を入手するには、まず被相続人・相続人の本籍地を確認して、その役所に申請しなければなりません。

なお、戸籍謄本の取得には一通あたり450円の手数料がかかります。

戸籍抄本(戸籍一部事項証明書)

戸籍抄本(こせき-しょうほん)とは、その戸籍に掲載されている一部の人の情報を証明する書類のことです。
「戸籍一部事項証明書」と呼ばれることもあります。

謄本との違いは、抄本は一個人の情報だけが手に入る点です。
なお、記載される内容は一個人の生年月日、結婚・離婚の有無等の情報です。また筆頭者が誰であるかは必ず記載されます。

たとえばパスポート作成のためには、申請する本人の情報だけがわかれば良いですので、戸籍抄本でOKです。
個人情報保護も自分で意識すべき時代ですので、必要ない情報は記載されていないほうが良いでしょう。

戸籍抄本の入手方法は、戸籍謄本と同様です。その人の本籍地を管轄する役所から抄本の写しを発行してもらいます。戸籍抄本の交付を受ける場合にも、一通当たり450円の手数料ががかかります。

除籍謄本・抄本(除籍全部事項証明書・除籍一部事項証明書)

「除籍」は、あまり耳慣れない言葉だと思いますが、意外と多い手続きです。
例えば、結婚すると夫婦の新しい戸籍が作られ、夫と妻はそれまで籍のあった親の戸籍から除かれます。このように、結婚や離婚・死亡などをきっかけとして、戸籍からその方を除くことを「除籍」といいます。

戸籍に記載されている人全員が除籍されると、その戸籍は戸籍簿から除かれて「除籍簿」に移されます(消除)。除籍簿は、本籍地の市町村で戸籍簿とは別に管理されます。除籍になった人全員が記載されているものを「除籍謄本(除籍全部事項証明書)」、除籍になった人の一部の人だけが記載されているものを「除籍抄本(除籍一部事項証明書)」といいます。

除籍謄本・抄本を取得するには、当人が最期に本籍を置いていた役所から交付を受ける必要があります。一通当たり、750円かかります。

なお、戸籍の筆頭者が亡くなっても、その家族が残っている場合には、まだその戸籍は残っていますので、「戸籍謄本・抄本」が必要になります。除籍謄本・抄本は戸籍に掲載されている人全員が除籍された戸籍情報だと認識しておきましょう。

改製原戸籍(原戸籍)

改製原戸籍(原戸籍)とは、戸籍法改正によって戸籍が書き替えられる前の戸籍情報のことを言います。戸籍法はときどき改正が行われ、新基準の戸籍に作り替えられます(改製)。その元の戸籍を「改製原戸籍」といいます。

新しく作り替えられた戸籍では、死亡、離婚等による除籍は省略されます。つまり、現在の戸籍には、出生から死亡までの「全ての情報」が記載されているとは限りません。そこで「改製原戸籍」が必要になります。

改製原戸籍は過去に本籍を置いていた役所から交付を受けることができます。これも、一通当たり750円の手数料がかかります。

戸籍の附票

戸籍の本籍地は住所とは違います。そこで、戸籍に掲載されている本人の住所の履歴を記録したものが「戸籍の附表」です。戸籍の附票は相続に必須ではありませんが、戸籍関連書類を入手する上で役に立つ書類です。例えば、連絡先の分からない相続人に連絡を取ったり、血縁関係者を調べるうえで役に立ちます。

戸籍の附票は、本籍を置いていた役所から交付を受けられます。万が一、相続人が連絡先が不明という場合には、戸籍の附表を取得するとスムーズに進められるでしょう。

戸籍関連書類のまとめ

種類 内容 手数料※
戸籍謄本
(戸籍全部事項証明書)
戸籍に記載されている全員の証明 450円
戸籍抄本
(戸籍一部事項証明書)
戸籍に記載されている人のうち
一部の個人の証明
450円
除籍謄本
(除籍全部事項証明書)
除籍になった戸籍に記載されている
全員の証明
750円
除籍抄本
(除籍一部事項証明書)
除籍になった戸籍に記載されている人のうち
一部の個人の証明
750円
改製原戸籍謄本 改製になった元の戸籍に記載されている
全員の証明
750円
改製原戸籍抄本 改製になった元の戸籍に記載されている人のうち
一部の個人の証明
750円
戸籍の附票 戸籍に記載されている個人の住所の履歴 300円
戸籍届書受理証明書 戸籍の届出を受理したことを証明 350円
不在籍証明書 申請された氏名・本籍と一致する
戸籍・除籍・改正原戸籍がないことを証明
350円

※ 手数料は窓口で取得する場合です。市区町村によっては、自動交付機が設置されていて料金が異なる場合もあります。

戸籍の仕組み

戸籍が作成される仕組みを見ていきます。混同されがちな「住民票」との違いについても確認をしておきましょう。

戸籍とは?

戸籍とは、親族関係の証明に用いる公文書で、人の出生から死亡に至るまでの親族関係を登録・公証するものです。親族関係では、誰が親で、誰が子供か分かるほか、結婚や離婚の有無、養子縁組、子供の認知なども把握できます。したがって、戸籍を確認していくと、特定人物の親族関係を明らかにできます。日本国籍の人は必ず戸籍に記載されますが、外国国籍の人は戸籍に記載されません。

なお、戸籍には「本籍地」が記されていますが、この本籍地はあくまで「どこの誰か」を証明するための機能しかありません。そのため、本籍地と住所地が異なるケースは多々あります。

戸籍と住民票との違いは?

戸籍は親族関係を証明できますが、現在住んでいる場所はわかりません。

実は、戸籍の住所は日本国内であればどこでも自由に決めることができます。たとえば皇居とか富士山の住所でも大丈夫です。戸籍簿に記載したい住所のある役所に届ければ良いのです。
一方、住民票は特定人物の居住地を証明する書類です。ただし、親族関係などは証明することができません。

戸籍の作られ方

戸籍には、まず「筆頭者」が登録されます。筆頭者とは戸籍の最初に書かれる人のことで、結婚した際に夫婦のいずれかがなります。

一つの戸籍内では同じ名字になるルールがあり、夫婦とその子供は同一の苗字になります。したがって、夫の苗字にする場合には夫が筆頭者に、妻の苗字にする場合は妻が筆頭者になります。

なお、離婚した場合には、筆頭者でない配偶者は相手の戸籍から抜けて元にいた戸籍に戻るか、または一人で新しい戸籍移ることになっています。筆頭者の戸籍には離婚した相手の名前の欄に「×」印が書かれることになっています。この「×」が、いわゆる「バツイチ」という表現の由来ともなっています。

通常は夫が筆頭者になっていますので、「バツイチ」は夫の戸籍上の、元妻の部分に書かれることが多いです。

戸籍の電子化

戸籍の原本は、本籍地のある役場の職員が手書きやタイプで紙に書いて保存していました。
戸籍用紙にはB4の丈夫な用紙を利用していますが、紙ですので時間とともに劣化したり破れたりして文字が読みにくくなりますし、謄本のコピーも手作業で大変です。

そこで、正確で迅速な作業ができるように、平成6年の法改正で「戸籍の電子化(コンピュータ化)」がなされ、磁気ディスクで管理することが市町村に求められました。それぞれの役場では戸籍の電子化を進め、現在ではほとんどの市町村で電子されましたが、一部の市町村ではまだ電子化されておらず以前の紙のままです。

電子化されたことにより書類の呼び方が変わりました。
紙での「戸籍謄本」は「戸籍全部事項証明書」に、また、紙での「戸籍抄本」は「戸籍一部事項証明書」となりました(書類を申請する際には、どちらの呼び方でも通じます)。紙では縦書きでしたが、電子版は横書きで印刷されます。また、紙では修正・削除する際に線を引きましたが、電子版では修正後の内容が印刷されます。

相続で必要な戸籍関連書類のまとめ

相続時には、被相続人が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍の履歴が必要になります。
基本的には、戸籍謄本・抄本、改製原戸籍、除籍謄本・抄本の3つが必要です。

これらの書類を用意すれば、基本的には相続人を確認することができるので、一つ一つ入手していくようにしてください。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

この記事が役に立ったらシェアしてください!