再婚時の連れ子の相続権と養子縁組

★ お気に入りに追加

最近では再婚も珍しくなくなり、連れ子がいる人と一緒に結婚をするケースも増えています。結婚したばかりの頃はあまり気にならないかもしれませんが、月日を重ねれば「連れ子の相続」について気になる人もいるはずです。

そこで、再婚した配偶者に連れ子がいる場合、その子には相続権はあるのかどうか、そして、連れ子に相続させる方法についても説明をしていきます。連れ子に相続させようと考えている人は、是非確認をしておきましょう。

1.連れ子の相続権は?

再婚した時の連れ子の相続権はどうなっているのでしょうか。民法上の相続人の範囲と併せて、連れ子の相続権について確認します。

1-1.民法上の相続権を有するのは「血縁関係」

民法上では、相続権を有する人は配偶者と被相続人の血族に限られています。被相続人の血族とは次の通りです。

  • 第1順位…子ども(孫)
  • 第2順位…直系尊属(父母や祖父母)
  • 第3順位…兄弟姉妹

このことから被相続人と血縁関係にない人は、相続権を持たないことが分かります。また、内縁関係の人も相続権を持たないのでご注意ください。

1-2.連れ子には相続権はない

相続権を有しているのは血縁関係に限られており、連れ子には相続権がありません。なぜなら、連れ子とは血縁関係がなく、親子関係が認められないからです。たとえ一緒に暮らしている事実があったとしても、相続出来ない決まりとなっています。

ただし、連れ子であっても相続権を有するようにできる方法はあります。

2.連れ子に相続させる方法とは?

法律上は連れ子には相続権がありませんが、正しく手続きを取れば連れ子にも相続させることはできます。その方法は「養子縁組」です

2-1.「養子縁組」による方法

養子縁組とは、法律的に親子関係を発生させる手続きのことを言います。養子縁組を組むと養親と養子との間に親子関係が成り立ち、扶養の義務や相続権が発生します。したがって、血縁関係でない連れ子でも、養子縁組を組むことで相続権を持つことができます。

養子縁組の手続きは「養子縁組届」を養親または養子の本籍地、もしくは居住地を管轄する役所に提出すれば完了します。連れ子に相続をさせる有効な手段となっているため、相続させたいと考える人はあらかじめ手続きを取っておくといいでしょう。

2-2.参考:内縁の配偶者の子供(非嫡出子)の場合は「認知」による

認知とは、正式な結婚なしに親子関係を結ぶための手続きのことです。正式な結婚なしとは、つまり「内縁の配偶者の子供(非嫡出子)」と親子関係を結ぶことを指します。認知は生物学的な血縁のある子供に対して可能です。配偶者の連れ子は生物学的な親子ではありませんので、認知はできません。認知は、連れ子ではなく、生物学的に実の子であるが婚姻関係がないパートナーから産まれたため、法律上の子とされていない子供に対して行うものです。

認知をした場合には、子供が相続権を持つようになります。したがって、内縁の配偶者の子供に相続させるには「認知」をする必要があります。認知の手続きは「認知届」を子供の本籍地、または居住地を管轄する役所に提出すれば完了です。

なお、以前は、民法900条の規定により、認知による子供(嫡出でない子)の相続分は、法律上の夫婦の子供(嫡出子)の半分となっていましたが、平成25年9月4日の最高裁判決で憲法違反であるとの判決が出され、それを受けて平成25年12月5日、民法の改正がされました。現在は認知による子供(嫡出でない子)の相続分と法律上の夫婦の子供(嫡出子)の相続分は同じです。

3.連れ子の相続分は?

連れ子の相続分ですが、養子縁組を組んでいれば、法律上の子供として扱われる、他の子供とまったく同じ相続分となります。

具体例として、被相続人を夫、相続人を妻、夫の連れ子A、妻の連れ子Bがいると仮定して相続分を確認していきます。また夫婦間は法律上、結婚していると仮定します。

3-1.連れ子Bと養子縁組を組んでいない場合

夫が、妻の連れ子Bと養子縁組を組んでいない場合を検討します。

この場合、まず配偶者は相続権を有しており、相続することができます。また、夫の連れ子Aも夫と血縁関係であるため相続権を持っています。しかし、妻の連れ子Bとは養子縁組を組んでいないため、連れ子Bは相続権を持ちません。したがって、それぞれの相続分は下記の通りです。

・妻…2分の1
・連れ子A…2分の1
・連れ子B…なし

養子縁組を組んでいないと妻の連れ子Bは、夫の相続財産の一切を相続することができないので注意が必要です。

3-2.連れ子Bと養子縁組を組んでいる場合

夫が、妻の連れ子Bと養子縁組を組んでいる場合です。

こちらの場合は、配偶者と夫の連れ子A、妻の連れ子B、全員が相続権を有しています。そのため、法律上の相続分に従って下記のとおり相続します。

・妻…2分の1
・連れ子A…4分の1
・連れ子B…4分の1

養子縁組を組めば、法律的に親子関係を認めさせることができます。したがって、夫と血のつながりを持たない妻の連れ子Bも相続が可能になります。

4.まとめ

再婚した相手の配偶者に連れ子がいると、相続時にトラブルになりやすいです。他の子供と全く同じように一緒に暮らしてきたのに、相続の段階になって実は親子関係がないと初めて発覚したりすると、家族の仲を裂く大問題になりかねません。したがって、あらかじめ養子縁組を組むなり、相続させないことを明確にするなりして何らかの対応をしておく必要があります。

相続に強い弁護士が問題を解決します

相続に関し、下記のようなお悩みを抱えている方は、相続に強い弁護士にご相談ください。

  1. 遺産の分割方法で揉めている
  2. 遺言の内容や、遺産分割協議の結果に納得がいかない
  3. 不動産をどう分けるか、折り合いがつかない
  4. 遺留分を侵害されている
  5. 相続関連の色々な手続きが上手くいかず、困っている

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、弁護士があなたの味方になります。 まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

デフォルトpr下ボタン

この記事が役に立ったらシェアしてください!