相続法:改正まとめ|施行日・内容別に紹介【2019年版】

★ お気に入りに追加
相続法:改正まとめ|施行日・公布日別に紹介【2019年版】

昨年(2018年)の7月6日に、改正相続法(正式名称「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」)が成立し、同月13日に公布されました。
実際には、そこで決まった改正内容が反映(=施行)されるまで、少しタイムラグがありますし、施行時期も微妙に異なります。

そこでこの記事では、改正相続法の内容を、施工日を区別しながら紹介していきます。
個別解説記事も別途紹介しているので、相続法がどう変わったか気になる方は、ぜひ参考にしてください。

1.配偶者の居住権

【施行日:2020年4月1日】
配偶者の居住権については、短期と長期の2つの改正があります。

短期居住権

被相続人(亡くなった人)の建物・家に配偶者が無償で住んでいるとき、最低でも6ヶ月間はその家に無償で住み続けることができるようになりました。

従来の制度では、誰かに家が遺贈されたり、被相続人が家を使わせない遺言を残していたり、相続放棄したりすると、配偶者はそれまで住んでいた家に住むことができなくなってしまっていました。
改正により、常に必ず6ヶ月間は配偶者が居住できるので、突然住む場所を失ってしまうことがなくなります。

長期居住権

被相続人の建物に配偶者が住んでいる場合、配偶者は遺産分割で「配偶者居住権」というものを取得できるようになります。

これまでは、配偶者が遺産分割で被相続人の家を取得すると、遺産の内容・額によっては他の財産を受け取ることができず、生活費が不足するなどの問題がありました。
改正により、家は他の相続人が相続し、配偶者は配偶者居住権を取得することで、家に住み続けながら他の財産も受け取れるようになります。

関連記事
シニア 夫婦
相続法改正案:配偶者の居住権等について
平成30年1月16日に行われた法制審議会の発表によると、政府は第196回通常国会(会期平成30年1月22日~6月20…

2.遺産分割の改正

【施行日:2019年7月1日】
遺産分割は大きく分けて3つの改正があります。いずれも施行日は同じです。

夫婦間での家・土地の贈与

婚姻して20年以上の夫婦間で家などの遺贈・贈与があったときに、その分は遺産の先渡しとして計算しないことになります。

従来は、遺贈・贈与で家や土地などを配偶者に渡しても、相続では遺産の先渡しとして計算され、結果として配偶者の取得額が増えるわけではありませんでした。
改正により、居住用の家・土地を配偶者へ遺贈・贈与した場合は、そのまま配偶者のものとなり、結果として配偶者の遺産の取得額が増えるようになります。

預貯金の払い戻し

被相続人の預貯金について、一定額までは家庭裁判所の許可を得ずに払い戻しを受けられるようになります。更に、遺産分割調停・審判では、預貯金全体についてとりあえずの仮分割を家庭裁判所でしてもらえるようになります。

従来は、遺産分割が完了するか、家庭裁判所の許可を得ないと、葬儀費用や生活費として使う場合でも預貯金の払い戻しはできませんでしたし、仮分割も厳しい条件がありました。

遺産使い込みの対策

もし相続人のうち誰か一人が遺産を使い込んでしまった場合、他の相続人の同意だけで(使い込んだ人の同意無しで)使い込んだ分も遺産分割の対象に含めることになります。

従来の制度では、遺産を使い込まれてしまった分は遺産分割の対象外で、最終的に取り戻すには訴訟しかなく、また訴訟でも取り戻しきれませんでした。
これでは使い込んだ者勝ちで不公平なため、使い込んだ分も遺産に含めて分割し、公平になるようにされました。

3.遺言制度の改正

遺言についての改正は3つあります。

自筆証書遺言の書き方

【施行日:2019年1月13日(施行済)】
自筆証書遺言を作るとき、遺産の目録はパソコンで作成したり、通帳のコピー、不動産の登記事項証明書などを添付したりすることができるようになりました。

従来は、別途目録を作るときも、全て自書しなければならず、被相続人が遺言を作るには高いハードルがありました。
改正の新方式により、簡単に目録を作成し、遺言書作成のハードルが低くなりました。なお、パソコン等で作った目録にも「署名押印」は必要ですし、本文は自書しなければなりません。

【注意!】
2019年1月13日以降に作成された遺言は新方式で大丈夫ですが、それ以前に作成された遺言は新方式では無効です。

法務局での遺言書の保管

【施行日:2020年7月10日】
自筆証書遺言を作成したら、その遺言を法務局に保管してもらえるようになります。

従来は、自筆証書遺言は自宅や貸金庫などに保管するしかなく、紛失、隠匿や、相続人が遺言に気づかないという可能性もありました。
新制度で法務局に保管すると安全ですし、亡くなってからは相続人が法務局に請求することで、遺言が保管されているか、どのような内容かを確認することができます。

遺言執行者の権限

【施行日:2019年7月1日】
遺言執行者の権限が明確化されます。

従来、遺言執行者が何をするのか、どの程度の権限があるのか分かりにくいところがありました。
遺言執行者の行為にどのような効果があるのかなどが明確化されます。

4.遺留分についての改正

【施行日:2019年7月1日】
遺留分を侵害されたときに行う遺留分減殺請求が金銭の請求になります。

従来は、減殺請求すると物については割合に応じた共有になるとされており、土地建物などではとても複雑な計算と共有状態になっていました。
改正により、複雑な共有や共有解消の手続きを回避し、シンプルに金銭を請求することができるようになります。

5.相続と登記

【施行日:2019年7月1日】
「○○を誰々に相続させる」といった遺言で遺産を引き継いだ場合、法定相続分を超える分については登記などをしなければ、第三者に権利を主張できなくなります。

6.介護などでの特別の寄与

【施行日:2019年7月1日】
相続人以外の親族が、無償で被相続人の介護・看護などをしていた場合に、相続人に「特別寄与料」としてお金を請求できるようになります。

従来、相続人以外の親族が介護などで尽くしていても、遺言などがない限り遺産を受け取ることはできませんでした。
改正の新制度により、相続した相続人に対してお金を請求できるようになり、介護などで尽くしてきた親族の貢献が報われるようになります。

関連記事
義理の母の面倒を見ても相続の権利はない?1
義理の母の面倒を見ても相続の権利はない?|相続トラブル事例紹介
高齢化が進む中、義理の父・母の介護などでお世話をしている人も多いです。 ただ従来は、いくら義父母の介護を頑張っても、…

7.法定相続情報証明制度

【施行日:2017年5月29日(施行済)】
相続手続きで登記や銀行の払い戻しなどをするとき、戸籍関連の膨大な書類が「法定相続情報一覧図」の写しだけで足りるようになります。

従来、相続の手続きではかなりの量の戸籍関連書類を用意し、手続先に提出、返却、また次に提出というように何度も大量の書類を提出していました。
新制度では、一度登記所に書類と別途作成する一覧図を提出すれば、あとは無料で必要な証明書を発行してもらえるため、登記や銀行での手続きがとても楽になります。

関連記事
戸籍新制度
相続手続きが簡単になる?戸籍書類は証明書1枚に
2016年7月5日に法務省は、遺産相続手続きを簡素化するために、新たな戸籍証明書を発行することを発表しました。これに…

google ad 記事下

この記事が役に立ったらシェアしてください!